2013年01月29日

2012年度 第4回JIA宮城見学会をご案内いたします!

見学先:地産直売所 We Are One 北上 (北上地産直売所 兼 子供ハウス) 
日 時:2月2日(土)13:40〜15:00

130202.jpg

 この建物は、2011.3.11に甚大な被害を受けた石巻市北上町のにっこり仮設団地入口脇に立地しており、津波被害で買い物をする場所や働く場をなくした仮設団地の若いお母さん方が,震災後に組織したWe Are One 北上に、アーキテクチャーフォーヒューマニティー(AFH)というアメリカの支援団体から建設資金の提供を受けて建設した施設です。近くの農産物や海産物も扱う直売店舗と、仮設の子供たちも遊べる子供ハウス、地域の会合にも使用できる多目的室を備えた、小さいながらこの被災地の復興シンボルとなれるように願いを込め、みんなの協力のもと、ローコストで完成した施設です。外観はシンプルなガルバリウム鋼板張りですが、内部は勾配天井で、木造の梁組がみえ、とくに子供ハウスは杉の落とし板とさわらの床板で構成された、ぬくもりのある空間をめざしています。

参加ご希望の方は、
1月31日(木)必着でJIA宮城事務局(JIA東北支部事務局内)宛に
Eメールにてお申し込み願います。
E-Mail:miyagi@jia-tohoku.org

貴重な機会ですので会員・賛助会員、またご家族など多くの方々のご参加をお待ち申し上げております。


posted by JIAみやぎ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2012年02月23日

第32 回 東北建築賞

第32 回 東北建築賞の決定が決定したようです。

【作品賞部門】
 ・森を奔る回廊
  (有)都市建築設計集団/UAPP

 ・新田の家  
フクシアンドフクシ建築事務所

 ・長楽寺禅堂 
 
樺|中工務店 東北支店 設計部

 ・鶴岡まちなかキネマ
  叶ン計・計画高谷時彦事務所

 ・ねぶたの家 ワ・ラッセ 
 molo・潟fィーディーティー・潟tランク・ラ・リヴィエレ アーキテクツ

 ・村山市総合文化複合施設「甑葉プラザ」
  計画・設計工房+日総建

 ・水の町屋 七日町御殿堰
  本間利雄設計事務所+地域環境計画研究室

 「特別賞」
 ・旧仙台領内の300 年継承住宅
  大沼正寛+伊藤邦明都市建築研究所
 ・あきたチャイルド園
  泣Tムコンセプトデザイン一級建築士事務所

【業績賞部門】
  なし

【研究奨励賞部門】
 ・東北地方の風土醸成型まちづくりに資する建築史・保存再生・建築計画
             についての一連の実践的研究
    大沼 正寛(東北文化学園大学 准教授)

 ・ひずみ硬化セメント複合材料の引張る特性に及ぼす各種因子と試験方法
             の影響に関する実験的研究
    菊田 貴恒(東北大学 助教)
posted by JIAみやぎ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2011年10月29日

建築家 鎌田雅宏さんを偲ぶ会 開催のご案内

JIA会員各位

建築家 鎌田雅宏さんを偲ぶ会 開催のご案内

拝啓 錦秋の候、皆様にはますますご清祥のことと存じます。
 さて、私達の仲間であった、建築家 鎌田雅宏さんが8月31日に逝去されてから、早、2か月が経とうとしております。10月19日には、四十九日を節目に、ご家族により葛岡霊園にて納骨されたと聞き及んでおります。
 享年53才と短い人生の中で彼は、建築家としての作品づくりはもちろん、建築家協会での長年に渡る貢献、SAUの創設からの活動、ジャズ仲間との協演、友人との交流など、多くの仲間との絆を大切に送ってこられました。
 葬儀は家族葬で執り行われましたが「是非、鎌田さんとのお別れの機会を持ちたい。」との声を多くお寄せいただいており、この度、近しい仲間が発起人となり偲ぶ会のご案内をさせていただくこととなりました。
一堂に会し、鎌田さんの生き様などを大いに語り、彼を偲び元気を出し、ご家族を励ましたいと思います。
 つきましては、ご多忙の折りとは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参集くださいますようお願い申し上げます。
敬具
続きを読む
posted by JIAみやぎ at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2011年01月11日

SAU+ 建築作品展2011

SAU+-2011-omote.jpg

SAU+ 建築作品展2011
   −東北の住宅が変わるvol.3−


2011年 1月 12日 (水曜日) 14時00分 〜 1月 16日 (日曜日) 20時00分
場所 せんだいメディアテーク   入場無料

続きを読む
posted by JIAみやぎ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年12月09日

「星野新企画!」のエブリバディ・ウェルカムな件!


唐突ですが、先日のこのブログ内への投稿、「星野新企画!(仮題)JIA宮城サロン『設計コンクールの傾向と対策』」にいただいたコメントを転載します。
------------------------------------------------------------------
はじめまして。
お聞きしたいことがありコメントしました。
当日は飛び込みで発表したり出来るのでしょうか?
Posted by ito at 2010年12月07日 19:44
------------------------------------------------------------------
結論から言うと……、
……こういう質問を貰うまで、何にも考えていませんでした!

が、
泥縄式に、厳粛な会議(笑)にかけた結果、「遠来枠」で飛び入り志望の彼を受け入れよう!ということにしました。まぁ、甲子園で言うところの「21世紀枠」のようなものですね。
ただ、「全部自由!」「オールフリー!」っていうのも、ハヤリのビール風ジュースか、バナナの叩き売りみたいになってしまうので、すこしばかりルールを設けようということになりました。
------------------------------------------------------------------
[ルール1] 何らかのコンペやコンテストに何らかの賞に入賞した作品であること
[ルール2] 第1回目の今回は会場が狭いため模型やパネルの持ち込みは不可
[ルール3] 持込データはJPEG形式、あまり重くないもの(USBメモリ又CD-R)
[ルール4] 道場破りまがいに「たのもう!」と大声で挨拶しないこと。
------------------------------------------------------------------
でもまぁ、出来れば、事前に教えていただけたほうが良いですね……!
こういう質問がすぐに来るところを見ても、この企画の将来の成長を予感させます。

「いとう」くん、是非是非参加してください!
また、「我こそは!」と、いきり立っているそこの学生諸君! 君たちも!
管理人2号

------------------------------------------------------------------
JIA宮城サロン『設計コンクールの傾向と対策』の問い合わせは……、
miyagi@jia-tohoku.org 担当:星野・手島 まで
posted by JIAみやぎ at 08:34| Comment(3) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年11月28日

12月12日の座談会!

2010年11月吉日

担当教官各位
受賞者各位

座談会
『JIA宮城サロン 〜設計コンクールと傾向と対策と〜』
開催についてのお願い

(社)日本建築家協会(JIA)東北支部
宮城地域会長 渋谷 尚
教育委員 星野 明
 

謹啓 時下ますますご清祥の事とお慶び申し上げます。日頃は、JIA東北支部の活動に対しご協力を賜りまして厚く御礼申し上げます。
さて、(社)日本建築家協会東北支部宮城地域会では、会員建築家と市民との交流の場として例年行なっております「アーキテクツ・ウィーク」を、本年は単独ではなく「デザインウィークinせんだい」のプログラムに参加する形で開催いたします。宮城地域会の企画のひとつに、当協会を含めた学生設計コンクールの受賞者に集まっていただき「作品とそれぞれコンクールに参加して感じた全てを言葉にすること」をテーマにした座談会を開催します。
つきましては、貴校に在籍する受賞者にぜひ参加いただけますようお声がけをお願いいたします。
謹白




開催日:12月12日(デザインウィークinせんだい開催中
時 間:13時00分〜16時00分
場 所:メディアテーク5F交流スペース
−−−後は省略。


何度かここに登場した『座談会』企画への参加を、受賞のみなさんへ正式にお願いすることを学校にお願いした書類の抜粋です。
(直接連絡取ればいいじゃない・・・とお考えかもしれませんが、学校経由じゃないといけないんです)受賞したみなさんは先生経由で、もう話を聞いていることでしょう。
でも、もしかしたらと思って載せました。

「ブログで座談会のこと知りました。先生から話がある前に!」
一人でもいてくれたら、うれしいなぁ!


参加待ってます!!


星野 明

posted by JIAみやぎ at 22:30| Comment(1) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年11月19日

星野新企画!続報

いやはや、世の中って本当に面白いものです。

きのうのブログに投稿した内容で、仙台在住の若手建築家数名に「批評人」としての参加をお声掛けしたところ、宮城大学の佐久間先生より、すぐに返信がありました。
要約すると、星野さんの主旨に賛意を示してくれた上で「今年の宮城大学はコンペの当たり年で、いろんなコンペに入選した優秀な連中がいるんだけど、良ければ彼らにも声を掛けてみるけど、どうだろう?」というものでした。

早速星野さんと電話でアレコレと話をしました。

結局、「星野さんの原案に、佐久間さんの案をプラスすると、更に面白く発展するのではないか」との話になりました。
企画当初は「今年の『JIA東北学生賞』『JIA卒業設計コンクール』の入賞学生を集めてのレビュー」という企画だったのですが、佐久間さんの「枠を限定せずに入賞した学生をどんどん参加させよう」という提案をそのまま乗せてしまおう、というのです。
つまり、『仙台、宮城県、もしくは東北地方で、設計コンペや様々な賞で勝ち残った学生の作品が一堂に見られる催し(レビュー)』になれば面白いのではないか、という企画に生まれ変わりつつあります。
せっかく苦心してまとめた案も、コンペが終われば埃に埋もれてゆくだけになってしまいます。それをまたいろんな人に見て貰う機会があるのは、入賞した学生にとっても面白いですし、そういった作品を一堂に見ることが出来る機会は、その他の学生にとっても刺激的な機会でしょう。
今年すぐにそういった形が整うかどうかは分かりませんが、そういった方向を目指してゆこう、と考えています。

先ほどもふと、このブログを覗いてみると、秋田地域会の花田順さんから、この件に関しての書き込みをいただいていました。ちなみに花田さんは今年の『JIA東北学生賞』の審査員長でした。
せっかくなので、勝手に転載すると…、

過日はお疲れ様でした。こんな形でコチラのブログに登場するとは思いもしませんでしたが、実は今、今年学生賞の講評を執筆中でして、私の全体講評は星野さんがお感じの内容同様で警鐘を促すような内容になっています。
結局手法だけが先行してプレゼンが画一化していく事で審査員へのロードが増えた(まぁこれは全然問題ないのですけれど)のが今年の審査時間不足につながったのではないか?と結論付けました。来年は一次審査の時間を増やしたほうが良いですよ。たぶん。
ついでに言うと切り口が一緒なんで際立ちにくい作品が多くなってきている感じはエントリーする学生さんにとっての最終的にデメリット化していくのだろうと強く感じています。
建築のコンクールですから手法じゃないんですけどね。
そんな訳で花田はその企画に賛同します!
何かお役に立てる事があれば言ってくださいww
花田順


こうしていろんな人たちの手に揉まれながら面白い企画に成長してゆけば良いですねぇ。
まぁ、でもあまり頑張りすぎずに、気長にやりましょうね……。
手島浩之
posted by JIAみやぎ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年11月18日

星野新企画!(仮題)JIA宮城サロン『設計コンクールの傾向と対策』

index_img_main1_2.gif
先日、急に星野さんより電話があり、なにやら「凄まじい企画」を思いついたようで、何が始まるのか、日々恐れおののいておりましたが、その全貌が明らかになったのでお知らせします。
「デザインウィーク IN せんだい2010」内での企画です。

(仮題)JIA宮城サロン『設計コンクールの傾向と対策』
  日時 12月12日(日)13時〜16時
  場所 せんだいメディアテーク5F交流スペース

今年の『JIA東北学生賞』『JIA卒業設計コンクール』の入賞学生を集め、それらの賞や作品について、皆さんと自由に議論をする場にしよう、という企画です。
星野さんが、『JIA卒業設計コンクール』本選の運営に係わりながら会場を眺めていると、とにかく卒計を出していない2年生や3年生の参加が多く、彼らに「どぅして?」と訊いたところ、来年再来年に自分が応募するための情報収集と、勉強のために参加している、とのことだったようです。
このままでは「うぶな」東北の学生では勝負にならないだろう、と危機感を抱いた星野さんは、義憤に駆られて反逆の雄叫びを上げたそうです!!
ロッキーでいうところの階段を駆け上がって「エイドリアーン!!」ってやつですな。……違うか?
また、『賞』だけにこだわらず、良い建築とは何か、良い設計とは何か、を自然に熟成させてゆくような場になれば、と思っています。今でもそうですが、自分の過去を振り返ってみても、学生時代の設計と実際の仕事の間には、結構な溝があるような気がします。アトリエ事務所に就職した私でさえそう思うのですから、一般的には更に溝は深いのでしょう。そこをうまくなだらかに繋いでゆく為には何か工夫が必要です。

現在のところは詳細はあまり固まっていませんが、数年ののちに良い会に育ててゆければ、と考えています。

各賞に入賞した学生には星野さんから声がけを行い、十数人の学生が参加する予定になっています。
批評人(?)は、仙台在住の建築家から若手を中心に、星野さんと手島で、勝手にリストアップさせていただき、お誘いしております。
もし、古手でも古株でも、「俺にも参加させろ」という方がいらっしゃれば、是非ご参加ください!!
出来れば、そのあとに懇親会という名の場外乱闘バトルロイヤルにでもなればいいなぁ、と盛り上がっております!

ところで、…呼び出された星野事務所で、例の彼女を発見したことをご報告いたします。
2010-11-18.jpg
礼儀正しく、ぶら下がってました!
手島浩之
posted by JIAみやぎ at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年11月17日

JIAフォーラム『アジアの現代建築 - 日本・韓国の建築家がつなぐもの』

2010-JIAforum-poster.jpg

JIAフォーラム
『アジアの現代建築 - 日本・韓国の建築家がつなぐもの』

パネリスト
古谷 誠章氏          建築家 早稲田大学 教授
  Chanjoong Kim / 贊中 金 氏  建築家 慶熙大学 教授

せんだいメディアテーク1階オープンスクエアにて
12月10日13:00〜15:45

 …続きを読む…
posted by JIAみやぎ at 16:27| その他もろもろの告知

2010年10月31日

JIA全国学生卒業設計コンクール2010

昨日は、昼間取った写真データをPCへ転送して、選んだ5枚をウェブ用に加工してアップロードしたところで力尽きました。
後追いで少し解説を。

JIA全国学生卒業設計コンクール2010(この後、本選と書きます)は、日本全国のJIA各支部・地域会から選抜された卒業設計の優秀作品を一堂に集めた−会場はおなじみ新宿アイランド アクアプラザ−公開審査によるコンクールです。
今年は審査員長に山本理顕氏、審査員 淺石優氏 Tom Heneghan氏 佐藤淳氏 平田晃久氏

1枚目は、表彰式後の懇親会の様子からです。どこでも時間はあっという間にやってきて、表彰状授与(もちろんJIAではおなじみ表彰状目録、仮の賞状です)と受賞者と審査員からひと言づず聞いてノドを潤し始めたら、もうお開きの時間は目前。用意した飲物は、かばんに詰められるだけ詰めた応募者達のお土産に。

2枚目3枚目4枚目は、模型を審査会場中央テーブルに移動しての3次審査の模様。
2枚目は、理顕氏・淺石氏・平田氏からの質問に応えるプレゼンテーショントップバッター。

3枚目は、「ajisai−呼応する建築−」を説明する、山本恵さん。東北支部選出3作品から3次審査へ進みました。

4枚目は、個人的に興味深かった作品でした。いろいろ突かれていましたが、結果は銅賞。

5枚目は、開会直後のみんなカチコチの風景。

3枚目手前に大きくと4枚目手前左に写っているのが−公式発表がまだだから内緒にしないといけないかなぁ−金賞作品です。横山さん、藝大の後輩ですよ。もちろん女性。手島さん投稿のラストを証明する格好になりますが、たしかに3次審査進出は女性が多い。

10103101.jpg

ここは本部に了承もらってるので大声で、いきます。
山本恵さん平田晃久賞受賞しました。
おめでとう!

星野 明
posted by JIAみやぎ at 23:27| Comment(1) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

実況中継・・・録画

10103004.jpg

10103005.jpg

10103003.jpg

10103002.jpg

10103001.jpg
星野 明
posted by JIAみやぎ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年10月30日

初の試み

今日からJIA卒業設計コンクール2010実行委員として31日までの予定で、新宿にやって来ました。そして滞在ホテルのインターネット接続サービスから自分のMacで投稿してます。
10102908.jpg
Mac大好き(Performa5210・Power Mac G3・iMac DV・PowerBook G4・Intel iMac)人間でプレゼンテーションの道具としてはいつも一緒ですが、ネットワーク接続だけを意識して持ち歩くのは公私とも初めてです。
昨夜2泊3日の荷造りをしていた時に、普段なら絶対に選択肢には入らないのですが、なぜか持たなきゃいけない気がして。
きっと編集長(手島氏)の“気”のなせる技?(笑)

今日は、午後1時から搬入設営でした。
1010290222.jpg
中央のテーブルには、最終審査に残った作品の模型を並べます。
101029044.jpg
各地域作成の紹介パネル。
10102901.jpg
紹介パネル作成中、もちろんPowerBook
101029066.jpg

101029055.jpg

101029077.jpg
最後の打合せ風景
101029088.jpg
場所を変えての打合せ風景。44階の「北海道」というお店。居酒屋です。
posted by JIAみやぎ at 01:15| Comment(1) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年10月19日

明日から一日・・・

届いたメールに「ブログサービス一時停止のお知らせ」がありました。それによると機能追加に伴うメインテナンスで、明日の午後から一日サービスが止まるようです。講読を楽しみにされてる皆さん、一日だけご容赦を。

メールを一部引用します・・・
< 記 >

メンテナンス日程 :
2010年10月20日(水)14時00分 - 10月21日(木)14時00分
ブログ停止期間:
2010年10月20日(水)14時00分 - 10月21日(木)04時00分

影響範囲 : さくらのブログ 全サービス
作業内容 : ブログソフトウェアのバージョンアップ

ブログ停止期間後は閲覧のみが可能となります。コメントの投稿
および記事投稿や記事更新などの操作はメンテナンス終了後となる10月21日(木)14時以降に可能となります。予めご了承ください
・・・引用終り


安堵してペースを乱さないように気をつけましょう(笑)
業務連絡(?)でした。
星野 明
posted by JIAみやぎ at 09:38| Comment(1) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年10月15日

「建築・まち・環境フォーラム」のお知らせ

「会いにいけるアイドル!」ではないですが、いま話題のこの人に会いに行けます!

「建築・まち・環境フォーラム」”建築基本法”と私たちの街づくり、暮らし(建築・まち・環境フォーラムパンフ.pdf
と題したシンポジウムに、当ブログで好評連載中「建築家職能運動120年奮闘記」の執筆者である松本純一郎氏が出演します。
   2010年10月19日  @せんだいメディアテーク
   (入場無料)

あの「松JUN」ではないですが、こちらもリアルに「松純」です!
ナマ「松純」に、ペンライト持参で、会いにいこう!
posted by JIAみやぎ at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年09月27日

『デザインウィークinせんだい』作品募集!

毎年「光のページェント」の時期に開催されています『デザインウィークinせんだい』では以下の要領で『街中グッドデザイン展』の作品募集を行なっております。JIA宮城もこのイベントには中心的団体のひとつとして参加しております。町の景観を構成する建築・インテリア・サインなど新・旧問わず、自薦・他薦を問わずに応募できます。奮ってご参加ください。
img-927111921-0001.tif
応募用紙.jpg

応募用紙送付先メールはこちら


posted by JIAみやぎ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年09月21日

超!過密スケジュールな週末

さて、何の因果か、今週末、には建築賞の審査会が重なってしまっています。もちろん、われわれ(わたし)は、審査する方ではなく、される方です。

先ずは、24日(土曜日)には午前9時50分から夕方16時過ぎまで、
第21回東北建築作品発表会」!
発表会とは言え、東北建築賞の一次審査も兼ねています。ここで選ばれたものが現地審査の対象となり、更に試練をかいくぐった作品が栄えある「東北建築賞作品賞」の受賞作品となります。

日時: 2010年9月25日(土)開場9:30 開会9:45〜
場所: せんだいメディアテーク7階スタジオシアター
    ※入場無料

次いで、翌25日(日曜日)には、開放感を味わう間もなく、福島の郡山にて
「第5回JIA東北住宅大賞 2010」
一次審査会が開催されます。

日時: 2010年9月26日(日) 11時〜16時40分
場所: 日本大学工学部郡山キャンパス70号館 7011教室
    (〒963-8642 福島県郡山市田村町徳定字中河原1)
    ※入場無料
東北住宅大賞」については、以前もこちらで熱く語ったので、ここでは割愛いたします……が!

どちらの審査会も、どなたでも入場できます。
修羅場で晒し者にされ、吊るし上げられ、四苦八苦するわたしたちをご覧いただける貴重な機会です。結構笑えますよ。

しかし、わたしは、最近審査される側の極意を会得した気がします。
せっかくの機会なので、少し披露しますと……

まず、大きなヒノキの一枚物の大きな『まな板』を想像します。
それを布団だと思って、思いっ切り大の字に寝転がります。
三回ほど大きく深呼吸し、そっと天を仰ぎます。かすかに目を開けると、そのとき見上げているのは、包丁を持った古○先生と○十嵐先生の巨大な姿。
包丁が振り下ろされる瞬間を……、ああっ!
(T島)
posted by JIAみやぎ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年09月08日

定禅寺ストリートジャズフェスティバル

さて、9月11日-12日に開催の
「仙台定禅寺ストリートジャズフェスティバル」に私たちに関係の深い方々が出演するようなのでお知らせいたします。


9月12日(日)12:30〜13:10
  バンド名:MBB
  出演会場:元鍛冶丁公園(国分町派出所隣りの公園)
  我らが東北支部事務局の歌姫、相田さんとJIA会員の鎌田さん(みやぎ地域会)が出演します。

9月12日(日)13:30〜14:10
  バンド名:WSP(ワイルドスィングパーティー)
  今年から相田さんがヴォーカル2曲で出るようです。
  出演会場:市民広場メインステージ

最近は、エントリーのうち1/3は落選してしまうので、出場するのさえ、大変なようです。
私も是非、遊びに行こうと思っています。

詳しくは、こちらをご覧ください。http://www.j-streetjazz.com/
posted by JIAみやぎ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年09月04日

SHSH(シュシュ)の紹介記事

今朝取り組んだ、豆腐カレーが到達した「頂」についてひとしきり語りたいところですが、非難の声が聞こえてくる前に、やめておきます。

先日、建設通信新聞(だったと思うんですけど・・・)に、ある記事が掲載されていたので、皆さんにお知らせいたします。
SHSH-ksinbun.jpg
(貼り付けなおしました!)
(手島)
posted by JIAみやぎ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年09月02日

建築イベントのお知らせ

第17回「家づくりcafe」開催
JIA宮城の中核をなす方々による、家づくりイベントが開催されます。
主催は「SAU+(エスエーユープラス)」です。
iedukuri-cafe.jpg
第17回「家づくりcafe」が下記の内容で開催されます。

開催日  9月11日(土)〜12日(日)
開催場所 TOTO仙台ショールーム
開催時間 11:00〜17:00
内容   建築家による無料相談会、セミナー、物件事例展示
会費   無料

詳細が決まりましたらホームページで報告いたします。
http://www.sau.co.jp/~dada/

「家づくりcafe」とは見る、学ぶ、出会うをキャッチフレーズにお客様主体の家づくりを具現化するために定期的に開催している、お客様と建築家の出会いの場です。
2009年度には「家づくりcafe」の活動が評価され、グットデザイン賞も受賞しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「SAU+」は、年に数回のイベント「家づくりカフェ」のほか、毎年一月に大規模な展覧会も開催しています。

しかし、このようなイベントを発足させ持続してゆく、行動力と持続力、チーム力には脱帽いたします。
家づくりに興味のある皆さん、どうぞ奮ってご参加ください!!
(T島)
posted by JIAみやぎ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年08月30日

JIA東北住宅大賞2010参加作品募集中です!

 第5回JIA東北住宅大賞2010は締切りを延長して応募作品を募集しています。公開審査により東北の優れた住宅設計を発掘し、表彰する権威ある賞となりつつあります。
 建築不況により住宅そのものの建築件数が少ない中ではありますが、キラリと個性が光る作品、味わい深い作品、優れた機能の作品など、この際ぜひ応募してくださいますようお願いいたします。
なお、受賞作品は様々なJIAのイベントにおいて発表されます。
5th住宅大賞リーフレット(締切延長後).jpg
応募要項応募作品
@専用住宅・併用住宅・戸建て住宅・集合住宅等(新築・保存・改修)
A作品は最近5年以内に竣工したもの
    (2005年1月から2009年12月までに竣工したものを応募対象とする)
B確認申請が必要なものは検査済証の写しを提出のこと
C東北6県に造られた作品に限る
D過去に受賞した作品、雑誌等に発表した作品でもよい
E現地審査、施主のヒアリングが可能な住宅
F応募点数は自由
G審査員の関与した作品は応募できない

応募資格       応募作品の設計者
応募登録期限    2010年9月6日(月)必着
応募提出作品
・建物概要、設計主旨 800字以内
・図面 (配置図・平面図・断面図)縮尺自由
・写真
以上をA1パネル縦使い1枚にまとめ提出
・現地案内図は別紙にて提出
・確認申請が必要なものは検査済証の写しを提出
・パネルデータ JPG形式(6932×9839ピクセル程度、120MB程度)、 設計主旨のTEXTファイルをCD−Rで送付

応募作品提出期限  2010年9月15日(水)必着

応募料 JIA会員  1点につき2万円
    会員以外  1点につき3万円

審査員 ・審査員長  古谷誠章氏(早稲田大学教授・
    (有)ナスカ代表取締役・日本建築家協会会員)
   ・審査員   五十嵐太郎氏(東北大学教授・建築史家)

第1次公開審査   2010年9月26日(日)
  ※今年度より応募者全員に公開方式で設計コンセプトを  
   発表していただく。
   於:日本大学工学部 70号館 7011教室
第2次審査は現地審査 (12月〜3月に審査、施主ヒアリング)

表彰
 住宅大賞1作品、優秀賞、奨励賞
 入賞者に対し賞状を贈る。大賞には加えて記念楯を贈る。
 表彰式は、2011年4月のJIA東北支部総会にて行う。

ご協力 宜しくお願いします  以上

JIA東北住宅大賞2010応募申込書.doc
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(社)日本建築家協会(JIA)東北支部事務局
  〒980-0802 仙台市青葉区二日町17-21 北四ビル3F
           TEL022-225-1120 FAX022-213-2077
        メインE-Mail:shibu@jia-tohoku.org 
              ※info@jia-tohoku.org                URL http://www.jia-tohoku.org/
posted by JIAみやぎ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知