2013年05月27日

建築家職能運動120年奮闘記 vol.43

 高橋是清は、後年、日銀副総裁や首相、蔵相を歴任し、2・26事件で青年将校の銃弾に倒れました。そんな「日本のケインズ」と呼ばれるほどの大人物となる後半生に比して、若年時代は想像を絶するほどの波乱に満ちた人生を送っていました。
 高橋は1854年(嘉永7年)狩野派の絵師、川村守房と侍女北原きんの間に非嫡出子として生まれ、4日もたたないうちに仙台伊達藩の藩士、高橋是忠の養子に出されます。是清の人格形成に重要な役割を果たした養祖母の喜代子は、是清に子供のころから英語を学ばせるのです。
 王政復古が宣言された1867年(慶応3年)、後に日銀総裁となる仙台藩士、富田鉄之助らの一行と共に、12歳の若さでサンフランシスコに渡ります。ところが騙されて、意味不明の書類にサインをしたばかりに奴隷として売り買いされたり、様々な失敗を繰り返すのです。帰国後、南校の英語教師となるも、年上の芸者と駆け落ち。借金取りから逃れるために偽名を使って唐津藩の藩校英語教師となり、辰野らとの出会いにつながるわけです。
 前半生だけでも本当に波乱万丈の人生ですね。その後も、浮き沈みの激しい人生を繰り返していた最中に、曾根や辰野らと再会。そんな多くの人生経験を生かして、日銀建設の様々な困難を乗り越えるアイデアを提案し、辰野の建築家職能の実践と施工体制の近代化を、陰に陽に支えました。

松本 純一郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68411831

この記事へのトラックバック