2013年04月22日

建築家職能運動120年奮闘記 vol.40

 桜井小太郎が登録建築家資格を取得したイギリスでは、日本の幕末期に当たる1834年(天保5年)に、RIBAの前身であるIBAが設立されています。1837年(天保8年)には王室の勅許状(ROYAL CHARTER)を授与され、RIBA(英国王立建築家協会)に名称変更。その後1863年(文久3年)には、独自の建築教育認定試験を実施します。さらに、1887年(明治20年)にはRIBA会員登録試験制度を実施して、建築家職能の確立運動を着実に進めていました。
 ヨーロッパでは中世以来、友愛的な相互扶助を目的とした、職業団体であるギルドが発達していました。イギリスにも、自らの職能(プロフェッション)と構成員の利益を守ることを目的とした、職人のギルドであるクラフトギルドがありました。建築家協会の早い時期の設立は、こうした歴史とも無関係ではないでしょう。
 その後、RIBAや、同じ建築家の団体であるソサエティ・オブ・アーキテクツの半世紀以上にも及ぶ努力の結果、イギリスにアーキテクト登録法が成立したのは、1931年(昭和6年)でした。そのような歴史を経て、現在も行政のバックアップのもとで、RIBAという建築家職能団体が建築家の資格試験制度を取り仕切っているのです。

松本 純一郎

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65242996

この記事へのトラックバック