2012年10月24日

第16回東北建築学生賞 結果のお知らせ

最優秀賞
記憶の丘                       
熊谷 雄     仙台高等専門学校

優秀賞
田ノ浦番屋 〜コミュニティ・文化・生業の再生拠点〜  
瀬野尾 真里子     東北文化学園大学

優秀賞
箱庭 〜安心と安全子どもたちの未来へ〜        
新妻 慎也  新長 一茂     wiz専門学校国際情報工科大学校

奨励賞 みやぎ建設総合センター賞
ひとの編み目、まちの編み目     
塩田 佑太郎     wiz専門学校国際情報工科大学校  

奨励賞 東北専門新聞連盟賞
都市のヴォイド 〜高密度な都市空間における小学校の提案〜     
永久 淳一     東北大学  

奨励賞 東北専門新聞連盟賞
水と暮らす  つかずはなれず     
中井 奨太     日本大学   

奨励賞 河北賞
     
加藤 雅人  平塚 亮太郎  福田 浩之     秋田県立大学

賛助会 特別賞
たかだいたがだいの灯
後藤 忠平  秋山 由衣  山口 裕史     八戸工業大学

賛助会 特別賞
ひとりだけふたりだけかぞくだけ     
米田 菜奈子     東北芸術工科大学

賛助会 特別賞
Ripple −音と暮らしのミュージアム−  
堰内 宏香     秋田県立大学

IMGP1153.jpg

 第16回JIA東北建築学生賞審査会は例年通りせんだいメディアテーク1階オープンスクエアで開催されました。
昨年は、3.11の東日本大震災の影響などで、開催日が11月上旬と大幅にずれ込んでしまいましたが、今年は例年同時期の10月19日(金)に行われました。昨年より3点少ない34作品の応募となりましたが、審査会にはほぼ全員の学生が参加していただいたこともあり、盛況のうちに終了しました。

応募作品の傾向としては、昨年に続き震災復興関係の作品が多く、通常の課題との審査基準の設定とその評価に審査員の方々は苦慮したようでした。結果的にも震災関連のテーマで取り組んだものが多く入選したことは、復興道半ばの現状として、それぞれの地域で様々な課題があるにことが改めて浮かび上がったように思います。

また、審査の方法も昨年から見直し、多くの作品を一同に審査するディスカッションのスタイルで行われました。応募作品を全体で再確認することができたうえで審査、投票が行われることは審査員とギャラリーの学生との一体感につながり、概ね好評だったようでした。
来年度以降もより公平、真正な審査が出来る体制を整えていきたいと考えています。

最後に各地域会ならびに関係団体から参加していただいた審査員の皆様、会場設営、進行などに御協力いただいたスタッフ、賛助会員の皆様、そして、学生賞に応募していただいた学生の皆さん、学校関係者の方々に心よりの御礼を申し上げます。

お疲れさま、有難うございました。

2012年度JIA東北支部・支部企画事業実行委員長 佐藤忠幸
posted by JIAみやぎ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 建築雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59486136

この記事へのトラックバック

http://www.valras-plage.net/max-test-ultra/
Excerpt: JIA(日本建築家協会)宮城地域会のページ
Weblog: http://www.valras-plage.net/max-test-ultra/
Tracked: 2016-12-07 20:52