2012年10月08日

2012年秋の東京の夜

おめでとうございます!!
・・・と言っても、自分のことですし、しかもJIAではない建築士関連団体からの賞ですので、ここでわたしが書くべきか、迷うところではありますが、とりあえず挙げておきます・・・。

午前中の打ち合わせを終え、車を飛ばしてスタッフ三人で会場に向かいました。
目当ては授賞式会場の前にある、去年竣工した「日比谷花壇」です。

2012-10-05a.JPG

2012-10-05b.JPG

2012-10-05c.JPG

思ったよりも建物が小さく、驚きました。たぶんこれは訪れた人が誰も思うのではないでしょうか?よく考えれば、この柱のピッチは、構造上の必要ではなく、ガラスの製作可能限界を元に設定されているので、スケールの錯誤が起きるのは当然と言えば、当然かも知れません。
日差しが強すぎる所為か、ブラインドが閉じ気味なのも残念でした。

2012-10-05d.JPG

この施設は、基本的に完全に別棟で幾つかの「部分建物」が寄り添うように建てられているのですが、その施設どうしの接続は面白く出来ていました。一方の建物を自動ドアで出ると、その歩行速度のまま、1mほど離れた「隣の棟」に、そのまま自動ドアが開きます。分棟の建物をつなぐアイデアとして、その連続する「自動ドアの快感」を思い付いた瞬間の建築家の頭の中がどんなに激しい至福に包まれたかは想像できます。

たぶんこの建築の新しさ、特筆した面白さを言え、と言われると、誰もがその快感を言うのでは無いでしょうか?

2012-10-05e.JPG

うちのスタッフの一人は、「誰の設計か分からないけど、帝国ホテルのこのパースはすごく格好いい・・・」と呟いていました。

日事連建築賞授賞式の会場はこんな感じ・・・。
2012-10-05f.JPG

日事連全国大会の中での授賞式でしたが、びっくりするくらいに立派でした・・・。ほんとうにびっくりしました・・・。
・・・といっても、実は、わたし、JIAの全国大会にも一度も出たことがありません・・・。すいません・・・。

パーティ会場では更にびっくり。会場は倍以上に大きくなり・・・、

2012-10-05g.JPG
スタッフが思わず「喜ばし組」と呼んだ女性スタッフも多数配置されていて、(ヘンな意味ではなくて、帝国ホテルのホステスさんです、たぶん・・・)

2012-10-05h.JPG

JIAの芦原会長も乾杯の音頭をとられていました。
芦原会長には、この夏の北上従前地調査への協力を直々にお願いに上がった経緯もあり、直にご報告がしたいと思い、会場中を探したのですが、広すぎて見つけることが出来ませんでした。

ともあれ、この席で優秀な建築家数人と話が出来たのがほんとうにうれしかったです。

帰りに、浅草の隈さんの新作を見に行きました。

2012-10-05i.JPG

2012-10-05j.JPG

2012-10-05k.JPG

2012-10-05l.JPG

どうでっしゃろうかぁ〜?

手島
posted by JIAみやぎ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おめでとうございます!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58973378

この記事へのトラックバック