2012年07月23日

建築家職能運動120年奮闘記 vol.36

 岡田時太郎は、辰野の同郷唐津藩の生まれで、その生家は辰野の里方に当たる姫松家の向かい側にあり、6歳上の辰野は、岡田にとって兄のような存在だったようです。辰野や曾禰同様、高橋是清が教えていた藩校で英語を学び、1876年(明治9年)から4年間、大阪境造幣寮付属日進学校に通った後、大阪造幣寮に勤めました。
 岡田が建築を始めるのは鉄道省で大阪梅田停車場建築課に配属されてからです。そして27歳の時、辰野の元で最初の助手となり、1888年(明治21年)には辰野に同行し欧米へ行き、そのまま1年間ロンドン大学に留学。建築を学んだのち翌年帰国します。日本銀行本店工事の際には工事主任として腕をふるいますが、日銀本館の工事を終えると独立して岡田工務所を設立します。1905年(明治38年)に完成した岡田の設計による軽井沢の旧三笠ホテルは、国の重要文化財として今も美しい姿をとどめています。
松本 純一郎

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57196866

この記事へのトラックバック