2012年03月30日

東北工大主催のシンポジウムに参加してきました。

2012-03-28a.JPG

日 時: 2012 年3 月28 日(木) 13:30 〜16:30
場 所: 東北工業大学一番町ロビー (仙台市青葉区一番町1-3-1 ニッセイ仙台ビル4F)
主 催: 東北工業大学工学部建築学科・復興支援室

プログラム (司会:渡邉浩文・東北工業大学建築学科教授・同復興支援室長)
13:30〜13:40 開会挨拶
  谷津憲司・東北工業大学建築学科教授・学科長
13:40〜14:10 報告@ 千葉晃司・宮城県土木部復興まちづくり推進室室長
  「宮城県の復興まちづくり計画について(仮)」
14:10〜14:40 報告A 久坂斗了・女川町・UR 都市機構震災復興支援室宮城震災復興支援事務所
  「東日本大震災の被災地女川町に派遣されて−現状と課題」
14:50〜15:15 報告B 福屋粧子・東北工業大学建築学科講師・ArchAid 発起人
  「復興まちづくりへの被災住民参画について」
15:15〜15:40 報告C 新井信幸・東北工業大学建築学科講師・仮設カスタマイズお助け隊
  「復興に向けたコミュニティと創造力を育む仮設カスタマイズ」
15:40〜16:25 討 論 コーディネーター: 沼野夏生・東北工業大学建築学科教授・専攻主任

16:25〜16:30 まとめ・閉会挨拶(渡邉浩文)

2012-03-28b.JPG

少しだけ、コメントをつけておきます。
宮城県が震災後、どう行動していたかを改めて当事者から聞くことが出来て大変面白かったです。これからも、どんどんこういう行政の当事者から直に対話が出来る機会を作って欲しいと思います。
久坂さんの女川の状況報告、震災後のさまざまなことについての状況認識はすごく面白く興味深かったです。
福屋さんの発表は、(いつもそうですが)相変わらず良く作りこまれているなぁ、と感心します。
新井さんの活動はこうしてみるとすごく興味深く、意義のあることだと思えました。仮設住宅に移り住んだ人の心の機微に入り込んだ描写の出来る活動は、派手さは無いものの、絶対に必要です。

討論会終了後には、客席からコメントを求められた京都府立大学名誉教授広原先生がこう言っておられました。
「『計画』って言う言葉は、私たちの時代には進歩的な概念だった。その対極には無秩序があり、無計画があり、計画の先には未来がると信じて研究活動を行ってきました。ところが今は、『計画』が官僚による統治機構の統治手段になってしまっている。この呪縛から逃れない限り、未来は無い」

ご明察でございます。
こんなにまっとうな、研究者の意見は久しぶりに聞きました。
この一言を聞けただけでも、時間を割いた甲斐がありました。

(T)
posted by JIAみやぎ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54709314

この記事へのトラックバック