2012年03月10日

311関連のイベント

告知も何も出来ずに通り過ぎてしまいましたが、3月8日(木)9日(金)にJIAの震災復興関連のイベントがありました……。
2012-03-10b.JPG

2012-03-10a.JPG
すごく充実したイベントでしたが、終了後の懇親会の席で、本部から来たある美しい復興対策委員の方に「手島さんですか?」と声を掛けられたのが悔やまれます……。
続いてこう言われました。
このブログをずっと読んでいて、どんな人だろうなぁと楽しみにしていたんです……。
で、どうでした?
「イスにふんぞり返ってあくびをしているさまを見て、とてもがっかりしました……」

わたしも同じくがっかりです……

さて、気を取り直して、8時からは場所を変えての送別会でした。
2012-03-10c.JPG
こんなに親密に盛り上がった送別会も珍しいでしょう。


次いで、本日、東北大学杜春会でイベントがありました。
杜春会というのは東北大学工学部建築学科の同窓会組織です。

viewer.png

「震災から 1 年」杜春塾 +JIA東北支部 主催イベント
 ……JIA東北支部の建築家と学生が語り合う……
2012-03-10d.JPG

2012-03-10e.JPG

2012-03-10f.JPG

2012-03-10g.JPG

内容については、省きます。現場にいた人にしかわからない密やかで親密な場所というのがこの世の中にあるべきだと思いますので……。

しかし、こういうイベントは今までありそうでなかったのですが、ほんとうに有意義でした。
僕らも若い人たちを巻き込んでいこうという意識に欠けていました。これからの長い道のりで意義のある復興支援活動を展開しようと考えると、若い人たちに向けて活動をオープンにしてゆくことが重要ですね。
僕らもあらゆる人たちに向けて、活動への参加を心から呼びかけ、必死で情に絆してでも懐柔する熱意が必要です。

震災後一年にふさわしい、ほんとうに楽しい会でした。
参加した人数はたったアレだけですし、正面玄関の閉まったエレベーターの無い研究棟の四階でのイベントでしたが……、
今回の震災は、わたしたち個々人にとっても緩みかけたいろいろな親しかった人たちとの関係を結びなおす、良い機会になっているんだと思います。復興に向けての意欲を持った人たちが素直にお互いに信頼しあって進んでゆける状況を目指して、わたしたちも次のステップへ歩みだそうと考えています。

人類初飛行がたった五人の証人の前でしか成立しなかったように、この日の出来事も未来に向かって大きく飛び立ってゆきそうです。

手島
posted by JIAみやぎ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54383448

この記事へのトラックバック