2011年10月17日

「石巻市沿岸地域集団移転」設計支援協力建築家の募集


2011-10-17a.jpg

2011-10-17b.jpg

2011-10-17c.jpg

2011-10-17d.jpg

2011-10-17e.jpg

無声映画風に、ずんずんとにじり寄ってみました。
見るからに、素晴らしく美しい地形ですが、東日本大震災で壊滅的な被害を被ったこの地域における専門家支援についての募集です。


1.はじめに  
 このたびの東日本大震災に伴う大津波によって、東北地方沿岸部の都市・集落は甚大な被害をこうむりました。その都市機能や集落機能は、津波によって根こそぎ奪い去られ、これらの集落はまさにゼロからの再建を余儀なくされています。それらの再生までの途方もない道程には、我々建築家の専門技能が必要であります。また、今まで土木的な業務の範囲内にとどまっていた宅地造成や集落の再編などにも、我々建築家の人間主体の専門的見地をもって取り組むべきだと考えます。事実、わたしたちが先駆的に関わった集落では、我々が建築的スキルを駆使することによって、造成コストを1/5程度に抑えることが可能となった場合もあります。今回の震災は、わたしたち建築家にとって、自らの職業的責務を明確にし、社会に対しての私たちの仕事の重要性を訴える大きな機会となると思います。

2.問題点  
 今回の大津波による被害範囲は広範囲にわたり、多くの専門家の支援が必要になっていますが、被災地域は過疎の問題を抱えた地域も多く、それらの地域に建築家が極端に少ないことも今後の復興を大きく妨げる原因になっていると思われます。また、こうした集団移転には住民の合意形成が何よりも重要であり、私たちにとっても手間の掛かる業務となります。私たち被災地に近い建築家の有志は今までこうした活動を何とか展開してきましたが、数の少ない私たちだけで、これ以上の活動を展開するのは不可能な状況です。また「更に多くの被災地に入って欲しい」という地元からの要望は多く聞かれていますが、それに対してわたしたちは返事すらしていない状況でもあります。

3.問題解決の方法の提案  
 先ずは、支援の申し出を下さる建築家をふたつのグループに分けます。ひとつは、被災地に近く、住民と直接接することの出来る「地元建築家」のグループ。もうひとつは、被災地から遠く頻繁に被災地に通うことは出来ないが、遠くからでも専門家としての職能を発揮することを希望する建築家(遠方支援建築家)のグループです。
 このふたつのグループが連携して、ひとつの集落の支援を行います。「地元建築家」は住民たちとワークショップを行い、住民の意見を吸い上げます。「地元建築家」はその結果を持ち帰り、「遠方支援建築家」と一緒に必要な専門家支援について検討します。必要な作業を「遠方でも可能な専門家作業」と「近くでしかできない専門家作業」に分け役割を分担します。作業の成果は「地元建築家」が住民たちとのワークショップに持ち込み、結果を持ち帰ります。この繰り返しによって小集落の専門家支援を行い、一件当たりの作業負担が軽くなった「地元建築家」は、他の地域の支援に乗り出すことが可能になります。

4.「遠方支援建築家」と.「地元建築家」について  
 「遠方支援建築家」はどんな地域の建築家でもかまいません。個人でも団体でも構いません。基本的な支援は、集団移転地の造成案の作成と、出来れば、その土木的積算、それらを住民に説明するための資料作成、模型作成だと考えています。「地元建築家」の基本的な支援は直に住民と接し、住民の意向を吸い上げ、住民に造成案を説明し、住民の疑問に対応すること、です。

5.支援場所  
 現在、我々は石巻市北上総合支所の管内で活動を行っており、隣接する地域の集団移転支援を行って欲しいとの要請を受けておりますが、今後の具体的な活動地域については、地元住民や市役所の方々との協議の上で決まると思われます。また、石巻市北上エリアだけでなく、宮城県沿岸部被災地の多くの地域がこうした専門家支援を必要としています。

6.費用について  
 交通費や資料作成にかかる実費については補填を行いたいと考えておりますが、現在のところ費用調達の目途は立っておりません。しかしながら、地域で活動する建築家としては多少の「費用の目途が立たないからて被災住民に対する支援はできない」とは言えない状況なのです。
------------------------------------------------------------------------

 派手な中心部での活動を尻目に、「あまり脚光を浴びない地域を、地味にのんびり、しかし着実に、支援して行こう」とJIA有志で地味に始まった活動ですが、そろそろ、次のステップに進み、あるいは支援エリアを広げるべき時期に来ています。
 もし「気持ち」のある方がいらっしゃれば、ぜひご参加ください。問合せだけでも構いません。

------------------------------------------------------------------------
問合せ先:  JIA 宮城地域会復興支援委員会 副委員長 手島浩之
(社)日本建築家協会(JIA)東北支部事務局
〒980-0802 仙台市青葉区二日町17-21 北四ビル3F
TEL022-225-1120 FAX022-213-2077
E-Mail:shibu@jia-tohoku.org
URL http://www.jia-tohoku.org/


posted by JIAみやぎ at 20:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 石巻北上での復興支援活動
この記事へのコメント
皆様大変ご苦労様です。
私はJIA新潟地域会代表の塚本です。
遠方支援について周りの仲間にも声賭けをしてみたいのですが、現時点での状況とスケジュール教えていただけませんでしょうか?
忙しいところすいませんがよろしくお願いします。
Posted by 塚本 久志 at 2012年01月05日 15:54
私にお手伝いできる事があれば、手伝わせていただきます。
地域住民の多様な思いを形にしたいと思っています。
Posted by 福井隆俊 at 2012年04月12日 12:47
福井様

コメントありがとうございます。
もしうまく機会を設けることが出来そうであれば、ご連絡を差し上げます。
よろしくお願いいたします。

JIA 手島
Posted by at 2012年04月14日 10:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48905405

この記事へのトラックバック