2010年12月09日

「星野新企画!」のエブリバディ・ウェルカムな件!


唐突ですが、先日のこのブログ内への投稿、「星野新企画!(仮題)JIA宮城サロン『設計コンクールの傾向と対策』」にいただいたコメントを転載します。
------------------------------------------------------------------
はじめまして。
お聞きしたいことがありコメントしました。
当日は飛び込みで発表したり出来るのでしょうか?
Posted by ito at 2010年12月07日 19:44
------------------------------------------------------------------
結論から言うと……、
……こういう質問を貰うまで、何にも考えていませんでした!

が、
泥縄式に、厳粛な会議(笑)にかけた結果、「遠来枠」で飛び入り志望の彼を受け入れよう!ということにしました。まぁ、甲子園で言うところの「21世紀枠」のようなものですね。
ただ、「全部自由!」「オールフリー!」っていうのも、ハヤリのビール風ジュースか、バナナの叩き売りみたいになってしまうので、すこしばかりルールを設けようということになりました。
------------------------------------------------------------------
[ルール1] 何らかのコンペやコンテストに何らかの賞に入賞した作品であること
[ルール2] 第1回目の今回は会場が狭いため模型やパネルの持ち込みは不可
[ルール3] 持込データはJPEG形式、あまり重くないもの(USBメモリ又CD-R)
[ルール4] 道場破りまがいに「たのもう!」と大声で挨拶しないこと。
------------------------------------------------------------------
でもまぁ、出来れば、事前に教えていただけたほうが良いですね……!
こういう質問がすぐに来るところを見ても、この企画の将来の成長を予感させます。

「いとう」くん、是非是非参加してください!
また、「我こそは!」と、いきり立っているそこの学生諸君! 君たちも!
管理人2号

------------------------------------------------------------------
JIA宮城サロン『設計コンクールの傾向と対策』の問い合わせは……、
miyagi@jia-tohoku.org 担当:星野・手島 まで
posted by JIAみやぎ at 08:34| Comment(3) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知
この記事へのコメント
昨日はありがとうございました。
今朝東京に戻りました。
イベントについてはもう少しまとめてからコメントさせていただきたいと思います。
Posted by ito at 2010年12月13日 12:54
昨晩は、ありがとうございました。
あの後、新幹線で郡山まで戻りました。
座談会は私にとって、とてもいい経験ができた場でした。他校の方々や先生方と話せて、いい刺激を受けることができ、誘っていただきありがとうございました。
Posted by sakuma at 2010年12月13日 21:02
コメント遅くなってしまいすいません。
今回イベントに参加し、考えたことを書きたいと思います。

卒業制作の一番の難しい点は、”テーマ設定”にあると思います。
テーマはカタチのないものでありながら、カタチを考える上で必要な要素。
アイデアの飛距離がこの時点で決まってしまうと言っても過言ではないと思います。

設定するのがどうして難しいのかを考えてみると、設計課題のテーマは与えられるもので卒業制作のテーマは個々が見つけ出すものだから。

そこで賞に絡む事の出来た方々は、大学の設計課題をどのように取り組んでいるのでしょうか。
”与えられた課題”をどのように解釈しているのか思考の過程を知りたい。

スキルは短期間で磨けますが、思考は"気付き"がないと変化しない。

来年のイベントが、学生にとって”変化”をもたらすきっかけになるといいなと思っています。
今後の活動、千葉より応援しております。
Posted by ito at 2010年12月26日 15:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42014419

この記事へのトラックバック