2010年09月21日

超!過密スケジュールな週末

さて、何の因果か、今週末、には建築賞の審査会が重なってしまっています。もちろん、われわれ(わたし)は、審査する方ではなく、される方です。

先ずは、24日(土曜日)には午前9時50分から夕方16時過ぎまで、
第21回東北建築作品発表会」!
発表会とは言え、東北建築賞の一次審査も兼ねています。ここで選ばれたものが現地審査の対象となり、更に試練をかいくぐった作品が栄えある「東北建築賞作品賞」の受賞作品となります。

日時: 2010年9月25日(土)開場9:30 開会9:45〜
場所: せんだいメディアテーク7階スタジオシアター
    ※入場無料

次いで、翌25日(日曜日)には、開放感を味わう間もなく、福島の郡山にて
「第5回JIA東北住宅大賞 2010」
一次審査会が開催されます。

日時: 2010年9月26日(日) 11時〜16時40分
場所: 日本大学工学部郡山キャンパス70号館 7011教室
    (〒963-8642 福島県郡山市田村町徳定字中河原1)
    ※入場無料
東北住宅大賞」については、以前もこちらで熱く語ったので、ここでは割愛いたします……が!

どちらの審査会も、どなたでも入場できます。
修羅場で晒し者にされ、吊るし上げられ、四苦八苦するわたしたちをご覧いただける貴重な機会です。結構笑えますよ。

しかし、わたしは、最近審査される側の極意を会得した気がします。
せっかくの機会なので、少し披露しますと……

まず、大きなヒノキの一枚物の大きな『まな板』を想像します。
それを布団だと思って、思いっ切り大の字に寝転がります。
三回ほど大きく深呼吸し、そっと天を仰ぎます。かすかに目を開けると、そのとき見上げているのは、包丁を持った古○先生と○十嵐先生の巨大な姿。
包丁が振り下ろされる瞬間を……、ああっ!
(T島)
posted by JIAみやぎ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40851388

この記事へのトラックバック