2013年05月27日

建築家職能運動120年奮闘記 vol.43

 高橋是清は、後年、日銀副総裁や首相、蔵相を歴任し、2・26事件で青年将校の銃弾に倒れました。そんな「日本のケインズ」と呼ばれるほどの大人物となる後半生に比して、若年時代は想像を絶するほどの波乱に満ちた人生を送っていました。
 高橋は1854年(嘉永7年)狩野派の絵師、川村守房と侍女北原きんの間に非嫡出子として生まれ、4日もたたないうちに仙台伊達藩の藩士、高橋是忠の養子に出されます。是清の人格形成に重要な役割を果たした養祖母の喜代子は、是清に子供のころから英語を学ばせるのです。
 王政復古が宣言された1867年(慶応3年)、後に日銀総裁となる仙台藩士、富田鉄之助らの一行と共に、12歳の若さでサンフランシスコに渡ります。ところが騙されて、意味不明の書類にサインをしたばかりに奴隷として売り買いされたり、様々な失敗を繰り返すのです。帰国後、南校の英語教師となるも、年上の芸者と駆け落ち。借金取りから逃れるために偽名を使って唐津藩の藩校英語教師となり、辰野らとの出会いにつながるわけです。
 前半生だけでも本当に波乱万丈の人生ですね。その後も、浮き沈みの激しい人生を繰り返していた最中に、曾根や辰野らと再会。そんな多くの人生経験を生かして、日銀建設の様々な困難を乗り越えるアイデアを提案し、辰野の建築家職能の実践と施工体制の近代化を、陰に陽に支えました。

松本 純一郎

2013年05月20日

建築家職能運動120年奮闘記 vol.42

 お雇い外国人の時代から、国の公共建築の実施設計や工事監理は、幕府作事方の流れをくむ臨時建築局が担当していました。辰野はその仕組みを変えようとします。実施設計の詳細図関係は辰野の教え子で工部大学校10期生の葛西萬司、積算・仕様は井上工一、工事監理は岡田時太郎という体制で、日本銀行建築所を開設しました。
 さらにしばらくして、曾根達蔵の提案で、あの高橋是清を建築所の事務主任に推薦します。高橋は唐津藩校時代、曾根、辰野の二人に英語を教え、工部大学校開校の情報を与えて、建築家への道筋を作った人です。そして縁は異なものです。実は曾根は高橋是清の妹と結婚していたのです。
 当時の高橋は、農商務省の特許局長という重要ポストを辞職し、ペルーの銀山開発のために鉱山の管理者として赴きます。しかし、前任者の調査不足が原因で鉱山が廃坑であることが判明し、1890年(明治23年)4月帰国。しばらく、失意の生活を送っていました。その後、当時の日銀総裁川田小一郎の計らいもあり、1892年(明治25年)日銀建築工事総監督となっていた辰野の部下として辰野らを支えることになったのです。

松本 純一郎

2013年05月13日

建築家職能運動120年奮闘記 vol.41

 1890年(明治23年)夏、辰野が提出した日本銀行本店の設計案が閣議の了承を得て、9月にいよいよ工事がスタートします。ついに、日本人建築家によるはじめての国家的建築の建設が始まったのです。その計画案は、地下1階、地上3階の総石造りでしたが、この年10月に岐阜県を襲った濃尾大地震の被害状況から、建物を軽くするために2,3階は煉瓦造に御影石張りとなりました。様式としては、柱やドームなどのバロック様式に、規則的な窓などのルネサンス様式を取り入れたネオ・バロック様式で、秩序と威厳が表現されています。外観はベルギー国立銀行にならって左右両端を強調して中央を軽く見せるという珍しい構成。中央の壁には銃眼が穿たれ、まさに城砦という雰囲気です。
 日銀本店の建設には、1896年(明治29年)2月まで7年近い歳月が費やされました。その間、辰野は近代的な施工体制作りにも挑戦します。旧幕府作事方の流れをくむ臨時建築局に残っていた、材料や施工に対する目こぼしや公然たる業者からの賄賂等々の悪弊に、目をつぶるわけにはいかなかったのでしょう。
 辰野は「アーキテクトは芸術家であると同時に技術者であり、デザインだけでなく、工事全般を監督し、工事一切に責任を負う職能だ」、ロンドンの建築家バージェスから学んだこのことを実行しようと固く決意し、挑戦したのです。

松本 純一郎