2012年04月30日

建築家職能運動120年奮闘記vol.26

 文部省の建築家として活躍した山口半六は、1858年(安政5年)出雲国松江に、松江藩兵学者山口軍兵衛礼行の次男として生まれます。藩校でフランス語を学び、13歳で東京に出て、翌年大学南校(東京大学の前身)に入学。天才として崇め賞されたほど優秀だったそうです。そして文部省の留学生に選抜され、1876年(明治9年)フランスに留学し、国立パリ中央工芸学校で建築を学びます。
 1881年(明治14年)に帰国後、一時、郵便汽船三菱会社でレスカスの下で働いた後、1885年(明治18年)文部省に入ります。そこで久留正道(工部大学校3期生)と共に、第一高等中学校をはじめ金沢の四高、熊本の五高、上野公園に残る日本初のコンサートホールといわれる旧東京音楽学校奏楽堂などを手がけました。1891年(明治24年)には辰野に次いで二人目となる工学博士号を授与されています。もし辰野が工科大学教授を断っていたら、彼がその席に着いていただろうといわれています。
松本 純一郎

2012年04月27日

2012-04-26石巻市北上防災集団移転WS相川集落

昨夜の北上WSは相川集落の住民が対象のWSでした。
相川集落は、私たちが石巻市北上での防災集団移転計画支援活動を始めた際に、一番最初に(ケーススタディ的に)取り組んだ集落です。WSにも懐かしい方々がたくさんいらっしゃいました。
2012-04-26a.JPG

この集落は、二十数戸の移転希望者が、2グループに別れ、二箇所の移転候補地を希望しています。多くの住民が希望する移転候補地には「古墓」が散在しており、そこへの移転を嫌った「4(+α)」戸が別の移転候補地を希望していました。

2012-04-26b.JPG

「古墓」といって、このあたりの集落周囲の山には、江戸時代以前からの古いお墓が散在しています。「4(+α)」戸の方々は、それを荒らしてしまうことを

2012-04-26c.JPG

WSの最初から、自分で構想した案を持ち込んだりする方もいて、WSは大いに盛り上がりましたが、皆さんの本心は、出来れば、集落全員でまとまって移転することにあるようで・・・、

・・・最初っから、「やはりもう一度全員の意思統一を図ってまとまって移転したい」という意見と、「その気持ちは充分あるが、議論を差し戻して振り出しに戻ることに賛成できない。出来るだけ早く移転し、新しい一歩を踏み出したい」という意見の中で揺れていました。

2012-04-26d.JPG

議論を進めるうちに「4(+α)戸」の方々の中にも、考え直しても良いという声もちらちらと聞こえ始め・・・、
もう一度、別移転地を希望している「4(+α)戸」の人たちに希望を確認して、仕切り直そう、ということになりました。

(T)


思い出したように、たまに言っておきますが、ありがたいことにこれらの活動は「赤い羽根」の支援をいただいております。
logo_shien.gif
posted by JIAみやぎ at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 石巻北上での復興支援活動

2012年04月25日

2012-04-23建築批評会の様子

2012-04-24a.JPG

先週末から、GWなか日に掛けて連日、石巻市北上の防災集団移転ワークショップが行われていますが、昨日は、かねてから予定していた「剌Z宅 建築批評会」を行ってきました。
2012-04-24b.jpg

2012-04-24c.jpg
現地での批評会はぼちぼちの盛り上がりでしたが、場所を変えての批評会(飲み会)は大盛況でした。
2012-04-24d.JPG

2012-04-24e.JPG

・・・しかし、さいきんこのブログも、忙しさにかまけて、考えて煮詰めた内容を載せようという気が失せてしまっていますなぁ・・・。もう少し努力します・・・。

・・・暇が出来たら、ですが・・・。

(T)
posted by JIAみやぎ at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンハウス見学記

2012年04月23日

建築家職能運動120年奮闘記 vol.25

 日本の建築家第一世代といわれる人々のなかで、辰野金吾や曾禰達蔵らのイギリス派と、松崎万次郎や妻木頼黄らのドイツ派に対して、フランス派として活躍したのが片山東熊と山口半六です。
話はずいぶん遡りますが、長州藩、萩の下級武士である片山家に生まれた片山東熊は、1865年(慶応元年)二人の兄に続いて藩の騎兵隊に入隊します。体が人一倍大きく年齢を偽っての入隊だったそうです。門限を破ることが多く謹慎を命じられたこともあり、剛毅な性格で、1868年(慶応4年)の戊辰戦争においては、兄たちと共に会津征討総督参謀山県有朋率いる官軍に参加し、東北各地で奮戦しています。度重なる疲労のため戦場で寝てしまい、砲弾の飛び交うなか九死に一生を得たという逸話も残っています。
工部大学校卒業3年後の1882年(明治15年)、山県有朋のはからいで有栖川宮邸の設計でコンドルの助手として図面作成の機会を得ます。その後、家具調達などでヨーロッパに数回も足を運び、独学でフランスの宮廷建築を学びます。後に山県の配慮で宮内省に入り、奈良帝室博物館(明治27年)、京都帝室博物館(明治28年)などの素晴らしいバロック建築を設計。さらに明治以降の建築で初めての国宝となった、バロック−ルイ14世様式の旧赤坂離宮(後に村野藤吾によって改修された現迎賓館)を設計し、日本最高の宮廷建築家として名を馳せました。

松本 純一郎

2012年04月22日

しばらく更新をサボっていたので・・・

しばらく更新をサボっていたので、ダイジェスト版でお送りします。

今週の火曜日にはJIA宮城総会と、乾久美子さんの講演会がありました。
JIA新人賞受賞記念の講演です。
2012-04-21a.JPG

講演内容も非常に面白かったのですが、懇親会は、乾さんの気さくな人柄もあって非常に盛り上がったそうです。

続いて、一昨日金曜日「JIA復興住宅研究会」がありました。
2012-04-21b.JPG
地域起しと一体になった地域型木造復興住宅の立ち上げが、少しづつですが進んでいます。

昨日土曜日は、先日ここで告知したオープンハウスがありました。
2012-04-21c.jpg

2012-04-21d.jpg
来週火曜日には、ここで建築批評会を行います。


都市建築設計集団/UAPPより 「(仮称)八乙女の剌Z宅」批評会参加のお願い
-----------------------------------------------------------------------
建築家、建築関係者、学生の皆様

この度、仙台市泉区に、わたしたちが手がけた住宅が完成し、クライアントの御厚意により皆様にご覧いただける機会を得ました。条件の険しい敷地な がら、建築計画上のアイデアにより、ゆったりした視界の広がりを確保した住宅です。
つきましては、建築批評会を企画しましたので、皆様の貴重なご意見を頂きたく、ご案内を差し上げます。

開催日時: 2012年 04月 24日(火)
      17時00分〜 18時30分現地にて、批評会
      19時00分〜 場所を変えて、呑みながらの批評会(会費:2500円程度)
           (@カフェ・アンビエント 仙台市青葉区一番町1−15−38)
             飲み会だけのご参加でも大歓迎です。
場所  : 仙台市泉区八乙女  
交通  : 仙台市営地下鉄「八乙女駅」より徒歩10分

 ※ご参加頂ける方は「氏名/参加人数/緊急連絡先」を記入の上、事前にお申し込みください。
  お申込いただいた方に現地案内図をお送りいたします。

  お申込みメールアドレス :  uapp@mve.biglobe.ne.jp
-----------------------------------------------------------------------

オープンハウス終了後、石巻市北上での高台移転WSに専門家として参加してきました。3月末に住民合意が成立した「二丁谷地」地区のWSです。
2012-04-21e.JPG

(T)
posted by JIAみやぎ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災関連

2012年04月16日

建築家職能運動120年奮闘記 vol.24

 旧司法省庁舎は、実施設計と工事監理を河合浩蔵が担当し、7年の歳月を費やして完成しました。関東大震災でも外壁の煉瓦がスチールで補強されていたため、ほぼ無傷で残ります。その後、1945年の空襲で壁面、床以外を消失するも、戦後の改修によって法務省本館として再利用され、1994年には重要文化財として創建当時の姿に再現されました。ドイツ・ネオルネッサンス様式をベースに各所にバロックを配した、庁舎としては華やかな構成の建築です。その一角に設けられた展示室には、当時設計に関わった人々の写真や煉瓦壁を補強した建築技術などの展示がされています。近代建築ファン必見です。
最後のお雇い建築家となったエンデ&ベックマンは、東京の官庁集中計画に携わっただけでなく、ドイツの優れた建築技術や良質な建築材料の製法を日本に伝えようとしました。さすが技術重視の国ドイツの建築家ですね。そして、当時ベルリンに妻木ら建築家と共に留学した職人のなかに篠崎源次郎という屋根職人がいました。エンデ&ベックマンが設計した帝国議会仮議事堂をはじめ、全国各地の公共建築の屋根を雄勝や登米のスレートで葺いた職人で、スレートの産地雄勝を訪問したこともあるそうです。
松本 純一郎

2012年04月15日

2012-04-14もろもろの活動

まずは、「JIA木造復興住宅検討委員会」の活動。
来て見て触れて、泊まることの出来る「復興モデル住宅」を実現できないかと模索を行っています。
2012-04-15a.JPG

続いて、「高台移転・小室住民WS」への道すがら、新規開店したある「仮設拠点」へお祝いに立ち寄ってきました。被災して旦那さんや家族を失った主婦たちが、子育てをしながら仕事をし、それが地域復興への支援になるような活動を目指して進んでいる住民グループです。
2012-04-15b.JPG
「We Are One」
2012-04-15c.JPG
この日は開店初日だったのですが、あっという間に完売してしまったようです。

続いて「高台移転・小室集落住民WS」3回目。
今回は住民の皆さんの要望に沿って、出来るだけ早いテンポでのWSの開催となったため、北大・法政大チームが参加できず、我々JIAだけでの運営となりました。何とか7人の人数を掻き集めましたが、これが最低必要人員のようです。
2012-04-15d.JPG

2012-04-15e.JPG

2012-04-15f.JPG
細かい修正点はあるものの、我々が持ち込んだ移転案にほぼ賛成してもらいました。

しかしこうして一日を眺め回してみると、我々の復興支援活動は地味すぎて、「建築家らしい」と形容できるものがまったくありませんね(笑)
今回の震災での復興支援活動へのスタンスを大きく隔てるのは、このあたりの感覚だと思います。自分の日々の仕事の範疇に篭って活動するか、それとも、培った専門知識を社会の広範なニーズに応じて無償で開け放つか・・・・・・、

復興支援活動をアトリエ事務所的に矮小化して捉えてしまうと、震災復興という大きな社会的動きの中のほんの数百分の一の部分しか捉えることは出来ません。また、震災復興にアトリエ事務所的建築家が立ち向かい問題を解決するという図は「英雄譚・英雄物語」としては、単純明快で非常に分かりやすいのですが、それでいいのか、という思いは常に消えません。

もちろん、ひとりの建築家やひとつの活動が社会全体のすべてを相手にして問題全体に立ち向かうことは出来ません。しかし、全体をきちんと把握した上で、自分がどこで何をしているかをきちんと知っておくことは非常に重要なことだと思うのです。

わたし自身は、自分の一生の仕事としては、建築という狭い範囲で勝負し「ひとつの建築の出来上がりの良し悪し」だけで判断されたいと願っておりますが、復興支援活動に際しては、そこをすべて取り払って持てる技能を無償で開け放つような活動したいと考えています。

伊東豊雄さんという世界的な建築家は、震災を機にした「変心」を口にしているようですが、その変化を作家的態度の変化・建築家としてのスタンスの変化として捉えてしまっていることに、理解の稚拙さを感じてしまいます。

手島浩之
posted by JIAみやぎ at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 石巻北上での復興支援活動

2012年04月09日

建築家職能運動120年奮闘記 vol.23

 エンデとベックマンは、ベルリンで初めて民間の設計事務所を開いた建築家です。当時ドイツは1870年にビスマルクによって統一を果たしたばかりの新興国でした。それまでもベルリンを中心に日本と同じように官僚建築家が国家プロジェクトに携わっていました。エンデはベルリン工科大学教授も務めた、いわばプロフェッサーアーキテクト。一方ベックマンはベルリン建築家協会の会長を務め、協会の機関誌を創刊する等、建築ジャーナリズムを含め実務面や建築家の職能確立といった面でも活躍した建築家です。
そして日本から依頼された仕事は、彼らの生涯で最大のものでした。しかしながら、極端な欧化政策への批判による1888年(明治21年)の井上の失脚で、この壮大な計画は頓挫してしまいます。実際に実現された彼らの建築は現在、霞ヶ関に法務省本館として保存再利用されている司法省の建物と、今はなき裁判所だけでした。

松本 純一郎

2012年04月07日

「(仮称)YOS 八乙女の剌Z宅」オープンハウスのお知らせ

「八乙女の剌Z宅」オープンハウスのお知らせ.jpg

この度、仙台市泉区に、わたしたちが手がけた住宅が完成し、クライアントの御厚意によりオープンハウスを開催する運びとなりました。条件の険しい敷地ながら、建築計画上のアイデアにより、ゆったりした視界の広がりを確保した住宅です。
皆様の貴重なご意見を頂きたく、ご案内を差し上げます。

開催日時: 2012年 04月 21日(土) 10時〜17時00分
            04月 22日(日) 09時〜13時00分

※ご来場希望の方は「氏名/参加人数/緊急連絡先/見学希望日時」を記入の上、事前にお申し込みください。お申込いただいた方に現地案内図をお送りいたします。

  お申込みメールアドレス :  uapp@mve.biglobe.ne.jp

「八乙女の剌Z宅」オープンハウスのお知らせ.pdf
-----------------------------------------------------------------------
手島浩之
-----------------------------------------------------------------------
都市建築設計集団/UAPP
Urban Architecture Planning Partnership
-----------------------------------------------------------------------
宮城県仙台市青葉区一番町一丁目15-38小林ビル2F 〒980-0811
telephone 022-217-2515 facsimile 022-217-2516
-----------------------------------------------------------------------
uapp@mve.biglobe.ne.jp http://www.uapp.jp
-----------------------------------------------------------------------
posted by JIAみやぎ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンハウス情報

2012年04月06日

JIA宮城第1回(新旧)役員会

JIA宮城第1回(新旧)役員会(会見監査・宮城復興支援員会)
 懇親会が行われました。

日時:4月4日(水)
 16:00−17:00  宮城会計監査
 17:00−18:00  宮城復興支援委員会
 18:00−20:00  宮城(新旧)役員会
 20:00〜 懇親会          

会場:JIA東北支部事務局

2012-04-04a.JPG
顔ぶれも新たな役員会です。

復興支援委員会も新たにリニューアルしましたので、その陣容も、そのうちに発表して行きたいと思います。

2012-04-04b.JPG
みょうがや。
最近、ここが多いです・・・。刺身がうまい!

2012-04-04c.JPG
たらふく飲んでしまいました・・・。
私はさっさと帰りましたが、皆さんは勇んでのどを鍛えに行ったようです。

(T)
posted by JIAみやぎ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災関連

2012年04月02日

番外編

 2011.3.7のVol22を書いて以来、約一年のご無沙汰です。
3.11東日本大震災で被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
あの日以来、JIA建築家のひとりとして、会員の皆さんと共に災害支援活動に携わり、現在も東北支部復興支援委員長として微力ながら、支援活動を行っております。このブログも続けることもできず一年以上も経過してしまい、大変申し訳なく思っています。JIAの復興支援活動は、まだまだ何年も続くと思いますが、このブログもせっかく始めたことですので、勝手ながら再開したいと思い立ちました。4月9日(月)からペースを落としてのUPとなりますが、よろしくお付き合いください。

松本 純一郎