2010年09月29日

竹筋コンクリート

何回か掲載させていただいておりますが、ナカナカコメントが頂けず寂しく思っておりますので、今回は情報を募集ということで
執筆。
戦時中の物資不足の折、鉄筋の代用に竹を用いたコンクリート造の建築物、橋梁等が各地で作られました。私も戦後直ぐの住宅の解体現場で、布基礎に竹が混入しているのを不思議に眺めていたら、鳶の親方に「チッキンだよ、これ」 あー 竹筋だー
私の大好きな作品に岩国徴古館<S20(1945)築 佐藤武夫氏設計>があります。溶鉱炉から出るクズを利用した鉱滓ブロックタイルの外壁に漆喰の連続アーチで柔らかく区切られた内部空間に魅せられ何度も訪れては佇んでおりました。構造は無筋に近いコンクリート(竹筋との説もある)と煉瓦造。国内で唯一確認?されている建築物です。
10092901.jpg

私が中学生の頃に、祖父から「東北大の金属研の建物は、材料の分析、測定を考慮して、鉄筋の代わりに竹を使っているんだよ」と教わったことがあるのですが、どの建物を指していったのか、現存しているのか、詳細までは分からず仕舞い。
30数年前のもやもやした情報を、明快にして頂けないでしょうか
横山 芳一
posted by JIAみやぎ at 18:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 本業一直線

2010年09月28日

古典再読

酔っ払ったついでに、明日の分も書いときます。

うちの娘たちが見たがるビデオ!
何だと思います?
一番目は、「となりのトトロ」で週に一回は「みた〜い」の大合唱になります。最初は馬鹿にしていたこの映画のすごさについては、またどこかの機会に譲るとして、二番目は、「ルパン三世」。
最初は、「カリオストロの城」から入ったのかもしれませんが、今では第一回目のテレビシリーズが大好きです。
「あっしーもっとにぃーー、からみーぃつくーぅ、……しゃだめぇ、なのしゃぁーっ、るぱんーっ、しゃんせぃー。るっぱんっ、しゃあーんせぃー、いいいいーーーーっ」
三歳の女の子が「運命(さだめ)なのさぁー」と歌い上げるシュールさに、わが子ながら吹きだしてしまったものです。女の子としては、ルパンのチャーミングな男らしさにメロメロなようです。
次いで人気なのは、「シャーロックホームズの冒険(イギリスのテレビシリーズ)」です。月に一回程度はこのシリーズを見たがります。もちろん、カミサンの解説付きですが、やはり子供を巻き込む不思議な魅力があるようです。小学校の四五年生くらいになると、図書館の本を奪い合うようにして読んでたもんなぁ。あの魅力にはたぶん普遍的な何かがあるんだと思います。
次に人気なのが、ここでわたしが話題にしたかった本命の映画です。半年に一度、いやいや、三ヶ月に一度くらいは見たがります。かなり意外だと思うのですが、その映画は「隠し砦の三悪人」。
もちろん、最近のリメイクバージョンではなく、黒澤のオリジナルです。
たぶんこの映画は、黒澤映画の中でも第一線級の映画ではありません。「七人の侍」の普遍性や、「用心棒」「椿三十郎」の娯楽性には、完成度では及びもつかないと思います。
しかし、主人公の雪姫はわがままでどうしようもない小娘だけれど、まっすぐで人の道を全力で突き進んでいるし、家臣の真壁六郎太(三船敏郎)も武辺者ながら本当にカッコよくて魅力的だし……、敵将の田所兵衛の男気にもイカレテしまいます。
脇で見ているわたしも、こんなにすごい話だったのかぁ、と毎回ワクワクしてしまいます。
見終わった後には、わたしには試練が待ち構えています。スッカリその気になった長女(7歳)に、鞭でたたかれ、「六郎太!」と呼びつけられ「姫は退屈じゃ!」とやられます。うるさい!静かにしろ!と黙らせようとすると「わらわの心まで、オシにするつもりか!」と叱られ……、最後には「六郎太!礼を申す。わらわは、この数日間本当に楽しかったぞ!これで心置きなく、姫は死ねる!」
……し、死ぬなよ……
……しかし、へんな「ごっこ遊び」ですなぁ。
The_Hidden_Fortress_poster.jpg
酔っ払ってしまっているので、文章の顛末がどこに辿り着くのか自分でもコントロールしきれなくなっていますが(笑)、何でこの映画が、あまり評価されていないのか、という理由は、きっと、ひとつしかありません。
音声がまったく良くないので、一度見ただけではほとんど内容が聞き取れないのです。うちの娘たちがこの映画を面白がるのは、私が解説付きで何度かコレを見せたからでしょうね。
(実は今ウチでは、字幕付で見てます)

わたしが言いたいのは、いまや「古典」になってしまってお蔵入りしているものでも本当に面白いものはたくさんあると思うのです。いま現在量産されている、マーケティングの行き届いたものなんかよりもよっぽど面白いものはたくさんあります。
しかしそれは、ただ単に、「録音状態が悪い」というつまらない理由で、子供たちの心に届かないのです。
わたしたちも、ある年齢になると、それなりの職業上の経験もつみ、先人たちの試みたいろいろな物事を理解し始めることが出来るようになってきました。
古典といわれるものや、それに満たないものでも、きちんと説明すると、誰もが価値を認められるもの、そういったものをわたしたちはきちんと、後輩や子供たちに説明していかなければなりません。子供たちが古典といわれるものを面白がれないのは、たぶん、わたしたちの責任なのでしょう。

そういった意味を汲んで、「仙台の街並みを読み解く」ことを「芳一さん」に連載していただけるようです!
毎週水曜日でしたっけ!!

あーあ、やっと言いたかったことに辿り着きました。しかし、酔っ払うと結論までが長いですなぁ。……反省します。

しかし、本当のところ、うちの娘たちの興味は、99%!、「プリキュア」と「リルプリ」で埋まっております。
(T)
posted by JIAみやぎ at 22:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記!のようなもの…

ゴマすり娘

さて、皆さん日々の雑事に追われて更新が滞ってしまっているようなので、本当にくだらないネタをひとつ。

本当は、先日見た展覧会のことなど、建築のことをまじめに語りたいんですけど、本業にかかわることとなると、気を抜いて書くというわけにはいきません。石上純也さんの展覧会で感じたことなど、返り討ちにあってもいい覚悟で刻んでおきたいんだけどなぁ……。
まぁ、そんな自分に対しての不平不満はさておき、最近、休日らしい休日もとっていないので、疲れ果てて、ふと早く帰ることにしました。
カミサンにお願いして秋刀魚の三枚おろしを入手し、それを微妙な味付けで、タタキにしました。
DSC04933.JPG
その絶妙な「美味さ」について夜通し語り継ぎたい気持ちは、脇に置いておくとして……、
それを肴に「鳳陽」をいただきつつ、某巨匠のDVDを眺めていました。
「ためしてガッテン」の「ゴマ特集」でゴマの魅力に魅入られてしまっている娘2号はゴマをすりすりしながら、こう言い放ちました……!
「あーあ、パパのつくる家も、こんなんだったら、よかったのにぃ! トコちゃん(自分のこと)こっちのおうちのほうがいい!」
……そりゃぁ、未熟モンのパパは”よゆうで”アアルトには負けますわよォ!アアルトのいえのほうがええのんくらい、自分でもわかっとります!!
DSC04946.JPG
もっとしっかり、ゴマすらんかいーっ!

       ……おあとがよろしいようで!
(T)
posted by JIAみやぎ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記!のようなもの…

2010年09月27日

『デザインウィークinせんだい』作品募集!

毎年「光のページェント」の時期に開催されています『デザインウィークinせんだい』では以下の要領で『街中グッドデザイン展』の作品募集を行なっております。JIA宮城もこのイベントには中心的団体のひとつとして参加しております。町の景観を構成する建築・インテリア・サインなど新・旧問わず、自薦・他薦を問わずに応募できます。奮ってご参加ください。
img-927111921-0001.tif
応募用紙.jpg

応募用紙送付先メールはこちら


posted by JIAみやぎ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年09月24日

松純が語る『建築家職能運動120年奮闘記』0はじめに

 先日のJIA宮城例会で、日本での建築家職能確立運動の変遷を、ブログに連載することになりました。
私も今年1月に還暦を迎えました。建築基準法と建築士法も1950年に公布されたので、同じく還暦を迎えたわけです。ともに、時代に合わないのは明白です。
さらに遡ること64年前(現在からいえば124年前)の1886年(明治19年)、JIAの起源といえる日本で最初の建築家の団体、造家学会が設立されました。その時から日本における建築家職能運動の歴史が始まったといえます。その歴史をひもときながら、建築とは?建築家とは?を皆さんと共に考えていきましょう。 




※「松純が語る『建築家職能運動120年奮闘記』」は毎週月曜日に定期連載する予定です。

10月の見学会情報!

さて、もう間もなく9月が終わりそうな予感がしてまいりました。9月が終わるともう本当に今年も終わるって感じがしてきますね。今年が終わると、もうすぐに来年も終わる気がしてきますし、そうなるとその次の年もあっという間です。その次も!その次も!・・・・・・。きっと、人生もそんな感じで暮れてゆくんでしょうね。
さようなら人生!さようなら青春!ああ・・・・・・。

あまり先走って世の中を悲観しても仕方がないので、気を取り直して楽しく、来月の「仙台オープンハウスネットワーク」で配信する予定のお知らせです。
これらの情報は、あくまで現在決まっている分のみです。いつも数日前の飛び込み情報が多々ありますので、その分はその都度、突然に、お知らせいたします。
突然のオープンハウス情報を受け取り希望の方は、コチラより登録してください。


第22回杜の家づくりネットワーク 秋の森林・製材所見学会
sinrin-kengakukai-01.jpg
■日 時 : 平成22年10月2日(土) 〜小雨決行〜
■場 所:南三陸町志津川内
■日 程:10:20 志津川駅集合
■コーディネーター 山林家 佐藤久一郎氏
■会 費 : 昼食代各自負担のみ
■問い合わせ・申し込み先
 【杜の家づくりネットワーク事務局】
  仙台市泉区将監13丁目5-3 (有)サンダル内
  TEL 022-374-2336   FAX  022-374-2336
  URL http://www.morinoie.net/
  E-mail:info@morinoie.net 
  当日連絡先:090-7667-2771 佐々木
  ※詳しくはこちらをご覧ください 森林見学会101002.doc


『(仮称)大和町の住宅』オープンハウス
TWS-study-model-459.jpg
■日時:2010年 10月23日(土)24日(日)
    10時〜17時
■場所:宮城県黒川郡大和町
■問い合わせ・申し込み先
  都市建築設計集団/UAPP  手島・菊池
  仙台市青葉区一番町一丁目15-38小林ビル2F
  telephone 022-217-2515 facsimile 022-217-2516
※見学を希望される方はメールにてお申し込みください。
 のちほど詳細な現地案内図等をお送りいたします。
詳しくは、コチラをご覧ください。


『(仮称)須賀川の住宅』オープンハウス
SKM genba.JPG
■日時:2010年 10月30日(土)
    10時〜17時
■場所:福島県須賀川市
■問い合わせ・申し込み先
  都市建築設計集団/UAPP  手島・菊池
  仙台市青葉区一番町一丁目15-38小林ビル2F
  telephone 022-217-2515 facsimile 022-217-2516
※見学を希望される方はメールにてお申し込みください。
 のちほど詳細な現地案内図等をお送りいたします。
詳しくは、コチラをご覧ください。

建築は実物を見ないと始まりません。
『百聞は一見に如かず!』
『写真だけ見て建築を知ったかぶりするのは、レディコミで恋愛を語るのと同じこと!』
『少女漫画読んで恋愛の達人を気取るのとおんなじこと!』

似て、非なるもの!です。
メラメラと熱い恋に身を焦がそうぜーっ!(あ・・・・・・違うか!?)

みなさん。奮ってご参加ください!
[ON]
posted by JIAみやぎ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンハウス情報

2010年09月23日

2010-09-22松本・針生が熱く語った夜

昨晩は 『JIA宮城地域会例会』が開催されました。
例会はさておき、その後の懇親会がやたらと盛り上がったので、そのご報告です!
場所は「屯」という創作中華料理のお店です。

DSC04598.JPG

前東北支部長である松本さんは、建築家の職能について熱弁を振るい、なぜ、日本の建築家制度は世界のスタンダードから隔たってしまったのか、その変遷について鋭く語っていました。
その百二十年にわたる我々の社会の建築家制度を巡る葛藤を、「建築家協会」の歴史にからめて、次回よりこのブログで「(不)定期連載」していただけるようです。
この「(不)定期連載」はこのブログ初の試みです。乞うご期待!
わたしも本当に楽しみです!

しかしこのお店のオネエサンは、びっくりするほど綺麗だったなぁ……。

一次会が大盛り上がりのうちにお開きとなり、帰途に着くつもりが、うっかり、何故か、ばったりと、二次会部隊に出くわしてしまい、二次会に参加する羽目になってしまいました……。

DSC04602.JPG

しばらくすると、ほかで飲んでいた針生さんも合流し……、鋭く、わたしたちのありようの本質を看破します。

……「やっぱり、われわれは、建築を、デザインを語らなきゃだめだ!

そのとおりですね。本当にそのとおり。
わたしたちがこの仕事をしている限り、「ひとを中心として、建築がどうあるべきか」だけを見てなくちゃいけません。
(C)
posted by JIAみやぎ at 10:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 酔っ払いクロニクル

『仙台屋別室』 9月29日OPEN

一昨日、東北の食材を楽しめるみちのくダイニング「仙台屋」の別室が、仙台駅アエル前の志ら梅ビル4階にて仮営業を始めました。
七夕の終わった翌日初打合せ。25坪に厨房こみで客席50、施主へのプレゼが1週間後。工事完了9月初旬。最近無茶なの多いなー
意匠に星野明氏、照明計画に梅田かおり女史を巻き込み、施工は小西造型・古川寛氏、阿部翼氏。プロデュース横山英子の布陣。
北上川の葦に玉虫塗、仙台ガラス、ブナコに紫根染、樺細工に月山和紙、米沢織に會津木綿等東北6県の素材を織り込んだ構成。
秋保石は在庫が無く、採石日程も合わずで、栃木産…。
隣県だし、戊辰の役で宇都宮城を守ったし…でも産地偽装だよなー。8月終わりに工事開始。旧店舗の化粧柱を剥したらPS。管理会社の図面にも無い…客席減らせないし…。
頑張り過ぎて、予算超過。天井塗替え無、ルーバー半分…ハハハー
悶々の日々が続きます。

10092301.jpg 10092302.jpg
ありゃりゃ          いいですね

現場を見ては、スケッチ起こし。パッチワークの壁も模型を作っては、光を当てたり、色付けしたり…結局、実物作って現場合わせ。諸検査が終っても作業は続くが、なんかいいんでない。
設計当初から、渡辺宏氏設計のアエルを借景にしたいねってことで、窓を意識した空間に纏めようと努力したかいがあったかな。

10092303.jpg 10092303.jpg
まだまだ作業中         問題の秋保石。看板スポットが
                まだ無い
10092305.jpg飲んでる脇で微調整。詰めたPSのエルボ隠しに竹炭。愛おしい

10092306.jpg
ブナコとアエル。旧店舗の壁(VE案)も慣れると面白い
10092307.jpg

10092310.jpg

10092209.jpg

100999.jpg

最後に、関係者で祝杯。女史たちは中で座って飲んでいる。

posted by JIAみやぎ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本業一直線

2010年09月21日

超!過密スケジュールな週末

さて、何の因果か、今週末、には建築賞の審査会が重なってしまっています。もちろん、われわれ(わたし)は、審査する方ではなく、される方です。

先ずは、24日(土曜日)には午前9時50分から夕方16時過ぎまで、
第21回東北建築作品発表会」!
発表会とは言え、東北建築賞の一次審査も兼ねています。ここで選ばれたものが現地審査の対象となり、更に試練をかいくぐった作品が栄えある「東北建築賞作品賞」の受賞作品となります。

日時: 2010年9月25日(土)開場9:30 開会9:45〜
場所: せんだいメディアテーク7階スタジオシアター
    ※入場無料

次いで、翌25日(日曜日)には、開放感を味わう間もなく、福島の郡山にて
「第5回JIA東北住宅大賞 2010」
一次審査会が開催されます。

日時: 2010年9月26日(日) 11時〜16時40分
場所: 日本大学工学部郡山キャンパス70号館 7011教室
    (〒963-8642 福島県郡山市田村町徳定字中河原1)
    ※入場無料
東北住宅大賞」については、以前もこちらで熱く語ったので、ここでは割愛いたします……が!

どちらの審査会も、どなたでも入場できます。
修羅場で晒し者にされ、吊るし上げられ、四苦八苦するわたしたちをご覧いただける貴重な機会です。結構笑えますよ。

しかし、わたしは、最近審査される側の極意を会得した気がします。
せっかくの機会なので、少し披露しますと……

まず、大きなヒノキの一枚物の大きな『まな板』を想像します。
それを布団だと思って、思いっ切り大の字に寝転がります。
三回ほど大きく深呼吸し、そっと天を仰ぎます。かすかに目を開けると、そのとき見上げているのは、包丁を持った古○先生と○十嵐先生の巨大な姿。
包丁が振り下ろされる瞬間を……、ああっ!
(T島)
posted by JIAみやぎ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年09月20日

地域会対抗芋煮会in山形2010

厚木では「B1グランプリ」が開催されたこの週末、し烈な戦い(では、それ以上?)が繰り広げられる地域会対抗芋煮会に参加してきました。残念ですが、『旨さ』をお伝えすることは、私の表現力では到底かなわぬことなので、ここでは皆さんの想像力を存分に発揮してください。よろしくお願いします。

10091806.jpg
貸切りバスで出発!

10091801.jpg
笹谷トンネル通過中。抜ければすぐに馬見ヶ崎川河川敷、いつもの会場です。でも、役員会は忘れずに。

100918m01.jpg
一番人気だった宮城の鍋。今年は塩味です!!

100918ao01.jpg
青森のせんべい汁

100918ao02.jpg
あるんですね。

100918a01.jpg
秋田の味

100918i01.jpg
岩手の味

100918f01.jpg
福島の味

10091803.jpg
もちろん旨い酒も

10091802.jpg
唄も

実は、山形からは庄内と内陸の二つの味付けでエントリーされていましたが、庄内は調理が終わるや、旨い!の評判であっという間に食べ尽くされてしまい幻に。内陸味は食べるに気を取られシャッター押せずじまい、ご容赦を。

10091807.jpg
そして記念撮影。

芋煮会に携っていただいた皆様、
旨いひと時をありがとうございました!

星野 明
posted by JIAみやぎ at 14:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 会員同士のうちわごと

2010年09月17日

松本純一郎設計事務所

先日、お願い事があって、「松本純一郎設計事務所」に出掛けてきました。
かねてから「事務所見学をさせて欲しい」とお願いしつつ、なかなかタイミングが合わなかったので、勇んで出掛けてきました。
2010-09-17-matujyun-office.jpg

事務所と、賃貸住宅二戸を併設した建物で、3年前に新築したそうです。
将来の用途変更への対応や、スッキリしたデザインを維持する為の構造的な工夫、照明器具の納まりなどシンプルながら見所が盛り沢山の建築でしたが、私が本当にびっくりしたのは、何よりもコンクリートの綺麗さでした。
「厳寒期のコンクリート打設だったので(対処したんだけど)凍結してしまい、うまく行かなかった」と指差す部分さえも、すごく綺麗に見えました。
ピン角の部分など、欠けている場所が殆ど見当たりません。
ピン角には、なにやら特別な秘密があるようですが、ここでは伏せておきます。
精度もすごいし……。

今度コンクリートの打設がある際には、是非見学させて欲しいと思いました!
以前、前田卓さんにもかなり親切にコンクリート打設のノウハウを教えてもらったのですが、あとで考え直して残念だったのは、現場に張り付いて見学しなかったことです。やはり建築実務は座学では吸収できません。

松本さん。打ち放しコンクリート打設の際は、是非是非よろしくお願いいたします。
あ、打設前の、鉄筋と型枠の様子も是非見せてください。

……しかし、今回は”肝心の”内部の写真を撮り忘れてしまいました……。残念!
(C)
posted by JIAみやぎ at 14:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 事務所放浪記

2010年09月16日

でてきた ハッピーハッピー

今度は妖怪ではありません。
実家のある石巻へ久しぶりのお盆帰省をした時に、道の駅「上品の郷」へ出かけました。三世代揃っての昼食にレストラン栞のビュッフェスタイルで食す地産地消メニューが、お目当てでした。そのお味は・・・こうで・・・期間限定のキッズコーナーもあり・・・そして・・・旨かった!
本題はここからなので関係の皆さま、略してごめんなさい。

食後、販売所で幾種類かの食材とともに家人がある植物を購入していました。その名は「セイロンベンケイソウ」

10091602.jpg

説明書を引用します。
マダガスカル、アフリカなどの熱帯に広く分布し、日本でも小笠原諸島に野生状態で見ることができます。・・・中略・・・緑のくぼんだ部分からたくさんの葉が出てくるところです。小笠原のおみやげ屋さんでは葉を袋に入れてハカラメ(葉から芽)の名で売っています。・・・後略
10091604.jpg

透明なヒゲのような根は早くから出だしたのですが、芽はなかなか出ませんでした。水を張った器に浮かべるのは観察が主目的で、土の上でも根を出し発芽するそうです。また乾燥する過酷な状況では葉を落とさずにそのまま発芽するとも。なんとも生命力と独創性に富んだ植物なんでしょう。それが災いして帰化した地では問題もあるようです。
開花は、まだまだ(2〜3年)先のお楽しみ。

10091605.jpg

説明は続けます
芽がたくさん出てくるところから幸せな気持ちになれるということで、ハッピーハッピーとも呼ばれているようです。
10091601.jpg

和名は姿から「灯篭草 トウロウソウ」と、
昨夜をほんとにハッピー!ハッピー!にしてくれました。
星野 明
posted by JIAみやぎ at 09:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記!のようなもの…

2010年09月15日

仙台のうまいもん!ミニ vol.3

おとといの日曜日には、カミサンと娘たちのリクエストに答え、「お好み焼き」つくりに励んでしまいました。
岡山出身のわたしにととって、「お好み焼き」と「焼きうどん」そして「やきめし」は三大栄養素です。ちなみに全てソース味です。
「やきめし」についてまたいつか触れたいと思っていますが、それはさておき、関西風か広島風かさんざん迷った挙句に、「広島風お好み焼き」にすることにしました。
2010-09-15-b-tesh.jpg

買出しに出掛けたスーパーで、新鮮なイカを発見!
即購入しました。一部はお好み焼きに投入しましたが、主目的はこれです。
2010-09-15-a-tesh.jpg
塩辛にするか、腑味噌焼きにするか、これまたさんざん迷いましたが、悩みに悩んだ末の、イカの腑味噌焼きです。

仙台に来るまでは、「イカの塩辛」が自分でつくるもんだなんて、全く知りませんでした。わたしだけでなく、東北地方以外の誰もが、「塩辛を自分で作る」なんて、思いも寄らないと思いますよ。しかし、これまた、自分で作り始めると、出来合いのものなんか二度と買えなくなってしまうくらいに、旨いですなぁ!

下の写真は、おとぎの国で買ってやれなかった罪滅ぼしに、ウチでポンッポンッいわせながらつくったポップコーンです。
おとぎの国での顛末はこちらからご確認ください。
2010-09-15-c-tesh.jpg

長女「でずにーのポップコーンはケタがちがうんだってぇ」
次女「え!けたってなあに」
長女「ぜんぜんちがう、ってこと」
次女「ふーん。ぜんぜんちがう味なノォ。じゃぁ、どんな味ぃ?」
長女「きっとびっくりするくらい、おいしいんだよ」
次女「ああ〜あ、たべたかった〜」

娘たちは仲良くおしゃべりしながら食べてました!
手島浩之
posted by JIAみやぎ at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記!のようなもの…

2010年09月14日

仙台七夕「仕掛け物」その後2  天井下がりの嫁入り!?

イースターまでもつネタと安心していたのに、急に秋が…。
先日打上げがあり、梶賀先生はじめ、がしゃどくろも参加。
IMG_7007.jpg 栄ちゃんと.jpg
2次会で寛ぐがしゃどくろ     栄ちゃんとのツーショット
その後、天井下りの嫁入りが決まり、大安の夜に旅立って往きました。星野氏は「すでに嫁がいるので、秘書として迎えたい」とのこと。
なんか○○くさいけど、喜んで送ろうと思います。
IMG_7054.jpg

IMG_7057.jpg IMG_7060.jpg

勤務先?での彼女はこちら
横山 芳一


posted by JIAみやぎ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築雑記

2010年09月13日

夢の国

何の縁があってか、義母が入手したあるチケットを譲り受け、歓喜する娘たちに手を引かれて、「ある集会」に参加してきました。
これを「ある集会」と呼ぼうとしているところに、わたしが、それからどのように距離をとりたがっているかが、知れてしまいますね……。

いやいやいや、毛嫌いすることはありません。その筋の人からすると、本当に天を仰いで歓喜するようなものなんだと思いますよ。

もったいぶるのはこのくらいにして……、「でぃずにー おん あいす」に行ってきました。
……でも、思いっ切り『鼻をつまんだ感じ』になってしまってますね……
あまりコメントすると、どんどんわたしの本心が滲み出てくるので、いろいろな思いをスルーして、わたしが言いたい核心の部分まで、掻き分け、掻き分け、進んでゆきます。

ショー自体には、うちのアンポンタンな娘たちは本当に大喜びです。長女は立ちっぱなしで、ショーのあいだ中「あれは、コレは……」と延々と解説しまくるわ、次女は感極まって、舞台袖まで一人で突進して行くわ、で大騒ぎでした。
2010-09-12-a20tesh.jpg

幕あいに娘たちが「のどはかわいたぁあ」「ポプコーンたべたあいい!」と騒ぎ始めたので、ムスメに甘いわたしは、娘たちに両手を引かれつつ、売店を覗いてみました。
2010-09-12-c20tesh.jpg
ポプコーン 1500円
かき氷 2100円
わたがし …
……
さすが、天下の○ぃずにぃ…、リアルに桁が違います……。

あっけにとられていると、隣では、ぐずる子供におかあさんが必死で説得していました。
「ここは夢の国だからね……、ママの持ってるお金は使えないの、だから今日は我慢してね……。ごめんね」
「あたい、夢の国のおかね、持ってたのにぃ〜、おうちにわすれてきちゃったぁ〜」
そういって泣きながら抱き合う親子のそばでは、一万円札を二枚差し出して、「あれと、コレと」と勇ましく買い物をする親子もいました。

当然、うちの娘たちには、有無を言わさず「自販機で売っていた『爽健美茶』」で我慢させました。
2010-09-12-d20tesh.jpg

家に帰って、チケットをくれたおばあちゃんに、娘たちがお礼の電話をしていました。
「ありがとう!わたしたちは本当に楽しかったんだけど、パパッたら、文句ばっかり言ってんの!」
夢の国での真実を素直に受け入れることが出来ない自分が、なんだか悲しくなってきました。(笑)
2010-09-12-b20tesh.jpg
ちなみに「動画とフラッシュ以外は写真OK」ってのは、ありがたいです。
手島浩之
posted by JIAみやぎ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記!のようなもの…

天井下

10091302.jpg
これも縁なんですね。
仙台七夕の仕掛け物スター達4名(妖怪の数え方はこれでよい?)
 −がしゃどくろ・座敷童・たんころりん・天井下−のうち
天井下が、今日からうちの事務所にやって来ました。

スタッフです。強調しておきます。

鳥山石燕作『今昔画図続百鬼』の天井下とは、容姿からすると
血縁ではないようです。

でも、天井が異界と考えられていた頃と比べたら、彼女の暮らしはどんな風に変わったんだろう。ここはRCの共同住宅だから天井フトコロはミニマムだし、ロックウール吸音板で天井板の隙間も無いし。
やはり人間と一緒で、現代的な暮らしをしているんだろうか。
でも、彼女の現代的な暮らしってどんなだろう。

10091301.jpg

10091303.jpg
0時の事務所風景

あわせてこちらも、さらにこちらもどうぞ

星野 明
posted by JIAみやぎ at 13:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 建築雑記

2010年09月11日

1009彷徨 登米

先日、妹に「今日暇?登米行かない?」の誘いに、微妙な雰囲気を醸しつつ(ある店舗の設計がひと段落したし…)車上の人と成りました。
車中にて、「打合せがある間まちあるきしていて、夕方パーティーにでる」とのこと。ありゃりゃ、開襟シャツにサンダル。
まーいいか…
久しぶりに登米小学校(現教育資料館)を見学。
来春公開映画「お菓子放浪記」宮城県内ロケ地のひとつ。
10091101.jpg10091102.jpg

以前無かった正門がある。校舎もなんかスッキリしていると思ったら、平成元年に解体修理を行った由。正門は宮城県沖地震で倒壊したとのこと。隣には物産館に駐車場。20数年ぶりの訪問なんだなあ…
M21<1888>建設。設計は宮城県技師山添喜三郎。茂庭荘に移築された鍾景閣(旧伊達邸M38<1905>)も彼の作品(棟札に母方の曽祖父(里見良顕)の名を見つけてしまった)。
10091103.jpg

10091104.jpg
擬洋風といわれながら、どっしりしていて今も通用する意匠です。
10091105.jpg100911006.jpg

傘立、全て折畳式。外部建具の水抜き。木建の可能性を感じます。
10091107.jpg10091108.jpg

校舎の裏、北面の意匠。腰蛇腹に柱頭飾、1階開口の露除庇の構成。この陰翳感、見事です。
10091109.jpg       
10091110.jpg
斜向いに洋裁学校の建物が見えます。玄昌石の屋根にドイツ下見板。大正かなー。閉鎖されているけど何か活用できないものか
10091111.jpg10091112.jpg

基本和風なのに洋風窓の旧水沢県庁を横目に、平成2年より公開されている春蘭亭(旧鈴木邸)を訪問。築400年の茅葺。雨戸の収まりもいいですね。武家屋敷では珍しい「直ご家形式」と云うそうで、式台を上がって直ぐ左が座敷で、奥に行くほどウチの空間となり、逆に明治〜昭和初期に流行った応接間を髣髴させられます。今夏公開の映画「必死剣鳥刺し」のロケ地のひとつ。ロケでどう修景したかの資料も展示しています。
10091113.jpg
奥の土間から表を見た景色。左手の武者窓のスケール感、いいなー道半ばで妹のコール。パーティー会場へ。
登米アートトリエンナーレ2010
歓迎レセプションパーティ
10月にかけて登米市内7ヵ所で展開される由。
鰻丼と油麩丼、森林セラピー、幾何学構成アートの登米、
是非お寄りください
横山 芳一
posted by JIAみやぎ at 11:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 建築雑記

2010年09月10日

散髪

さて、今日もまたネタに困り果て……、建築にも、仕事にも関係のない……、薀蓄も深みも微塵もない、身の回りの、どーでもいいことを、取り上げます。

みなさん!散髪って、どうしてますか?
私たちが小さいころには、散髪って、(1)「親に虎刈りにされる」(2)「親にねだって散髪代を出してもらい、散髪屋に行く」の二つの選択肢しかなかったと思います。あ、これもありますね。(3)「もっと背伸びして美容院なるものに行っておばちゃんパーマをかけてもらう」
どれにしても、休日の一日を費やすのに値する、れっきとした行事として成り立っていませんでしたか?

しかし、近年、散髪業界にも革命が起こり、もうひとつの選択肢ができたようです。
ズバリ、「10分1000円でふらっと立ち寄って、ちょちょちょいっとやってもらうやつ」です。出始めた当初は、東京出張の電車乗り換えの合間に、本当に10分でスッキリしたものです。

もともと、あまり身なりにかまわないたちの私は、ここ何年かは、すっかりそういったことで散髪というやつを、やり過ごしていました。
最近、ふとしたことから散髪屋さんと知り合いになり、展覧会のチラシをおかせてもらうためにその散髪屋さんに立ち寄りました。きっかけは、まぁ、チラシを置かせて貰うんだから、散髪くらいお世話になろうかな、って感じの軽い気持ちだったのですが、久しぶりにやってもらうと、散髪ってこんだけ丁寧だったっけ?、と驚くほどの「丁寧さ」「心地よさ」でした。時間もかかるし、その分だけ値段も高い。でもスッカリ、スッキリ、気分転換が出来てしまってました!
家に帰ると「パパァ、カッコいい〜」って嫁や娘に言われたりして……グフグフグフ……。いや、すいません。コレは妄想ですね。

そうしてまた、数ヶ月に一回の、散髪屋通いが結構楽しみになっているのですが、今度は逆に、あれほど普通に通っていた、「10分1000円」のやつに行けなくなってしまいました。
なんとなく漂う退廃的な雰囲気があるのですが、私はなんとなく、その原因をうすうす知っています。
あのシステムは、先ず、入り口に自販機で1000円分のチケットを買います。そのチケットを握り締めてブースの空く順番を待つのですが、順番が来ると、そのブースの係りの理容師さんにチケットを渡します。そのチケットはスルリとブースの機械の中に滑り込んでゆきます。
そうして、わたしと、その理容師さんの時間が始まります。わたしも、こころのなかで、「あーあ、またきちゃったなぁ」とため息をつき、たぶん彼は、その数十倍重い重量で、数十倍の深い谷底に、わたしと同じような溜息をついています。10分だけ我慢すれば終わるんだから、1000円ぽっきりなんだから、と最初は売り文句だったフレーズが、だんだん言い訳になってしまっていました。

この居心地の悪さは一体何なのか、掘り下げてみると、たぶんわたしはこう思っているから、なのです。
自分で一生懸命に磨いた「スキル」ってものは、決してこういう風に売り買いしてはいけない。こういう売買は違法でもなんでもないんだろうけど、修行を収めた人に面と向かってするべき売買ではない。悪く言うと、わたしの心の中にあるやましさは、1000倍に薄めた人身売買のやましさ。

……んんんん!しかし、飲酒後に書こうとすると、予想しないところに着地してしまって大変です……。泥酔中の放尿とおんなじですなぁ……。
手島浩之


posted by JIAみやぎ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記!のようなもの…

陣取り(陣地取り)

今はこの名前のゲームソフトはいろいろありますが、直ぐ思い浮かぶ陣取りは、やはり地面に棒切れで線を描いて、小石を弾いて・・・線を引いて・・・

1009101.jpg

普段、2画面をひとつにして作業をしてます。大きいほうが主な作業用で当然CADソフトがほぼ占有状態。ブラウザやメールソフトは進行できない領域だったんですが、ここへ来て完全に逆転。

なぜ攻め入られたかというと
土日は定禅寺ジャズフェスティバル!(JIAからはこの人!)気になるのはもちろん週末の天気です。でもジャズフェスだからじゃなくて(ごめんなさい)竣工住宅の撮影日が12日だからです。決めたのは8月半ばで特別に良すぎる状況に楽観を決めていました・・・が、台風9号発生!しかも進路予想が高気圧の縁を廻るように山形・宮城と10日に横断するコース。(みなさんご承知のように、先日たいへんな被害をもたらしました。)さらに週間予報に現れた12日の雲・雨マーク!
そこで頼りは、こちらの気象庁ウェブサイト
ここの天気図は観測時間の2時間30分遅れで3時間毎に公開されるので、今の心境には最高の効き目。

私の注目は、朝鮮半島にかかろうとしている低気圧。
これは黄海−西海上でここ一日動かずに今朝6時から9時に停滞前線を伴う変化を見せただけなんですが、12日頃の空模様を崩す役回りと睨んでます。もう一つは、ガード役として期待を寄せる太平洋上の高気圧。12日にあわせて勢力拡大して列島上に居座ってくれると助かるんですが。(書いている途中でデータ更新の2時半です)12時の観測データには『ほとんど停滞』のコメント。
3時間毎に気が散ってしょうがない私が、いちばんどっかり構えていなければならないようです。

1009103.jpg


そういえば、天気図眺めて思い出したことがありました。子供の頃ウルトラ系の番組と肩を並べて大好きだったのが、なぜかニュース番組。そのなかでも、古谷綱正氏(故人)がキャスターを務めていたJNNニュースコープが一番!。懐かしいなぁ。

1009102.jpg

星野 明
posted by JIAみやぎ at 15:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 建築雑記

2010年09月09日

仙台のうまいもん!第二弾

あーー、うーー、っと大平正芳風につぶやいてみますが、そんなことでは話が前に進みませんね……。
さて、ネタ切れなので、わたしが仙台に来て、びっくり驚いた「食」について、ひとしきり。
実は、今夜も食べてしまいましたが、コレです。
2010-09-09tesh-01.jpg
「定義山の三角油揚げ」
今となっては週に何度も手が出るほどの大好物なのですが、最初に話を聞いたときには、「油揚げを、油揚げだけで、食べる」ということが理解できませんでした。「え、ちゃんと、醤油をかけるんだよ」と当然のように言う友人を、私は宇宙人を見るような目で見たものです。
しかし騙されて食べてみると、これがホントに旨い!
もうひとつびっくりしたのが、「味噌おでん」というやつです。仙台に来て初めての七夕のときです。ひとりさびしく大町の商店街に出て、ああ、北国の風情があるなぁと浸っていたところ、ある屋台の前にすごい行列ができていました。ああ、そんなに人気の屋台ならならんっでも買ってみようかなぁ、などと思いつつ、人を掻き分けて覗いて見たところ、目にしたのは、「味噌おでん」でした。
いま思うと、ちょうど笹重の前でしたね。
こんにゃくに何かのタレを乗っけて「味噌おでん」って、一体コレは何なんだろう、と思いました。ああ、ここはなんて貧しいとこなんだろうと、がっくり肩を落として帰りましたが、……いつの間にかコレも私の大好物です!!
山形の玉こんにゃくなんか、最初見たときには、山寺の秋の風情と相俟って、「ああ、なんて貧乏くさい食べモンなんだろう」と諦めとともに人生の無常観をあいじわいながら口にしましたが、これがまた、旨い!
頭の中でなっていた諸行無常の鐘が、トランペットになっていました。

ところで、うちの娘は、今朝、布団の中でうめいていたかと思えば、ハナぢを噴き出していました!
2010-09-09tesh-02.jpg
はじめて、晩酌での飲酒後に書いてみましたが、何だか文章がヘロヘロですね・・・・・・。
手島浩之
posted by JIAみやぎ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記!のようなもの…

2010年09月08日

定禅寺ストリートジャズフェスティバル

さて、9月11日-12日に開催の
「仙台定禅寺ストリートジャズフェスティバル」に私たちに関係の深い方々が出演するようなのでお知らせいたします。


9月12日(日)12:30〜13:10
  バンド名:MBB
  出演会場:元鍛冶丁公園(国分町派出所隣りの公園)
  我らが東北支部事務局の歌姫、相田さんとJIA会員の鎌田さん(みやぎ地域会)が出演します。

9月12日(日)13:30〜14:10
  バンド名:WSP(ワイルドスィングパーティー)
  今年から相田さんがヴォーカル2曲で出るようです。
  出演会場:市民広場メインステージ

最近は、エントリーのうち1/3は落選してしまうので、出場するのさえ、大変なようです。
私も是非、遊びに行こうと思っています。

詳しくは、こちらをご覧ください。http://www.j-streetjazz.com/
posted by JIAみやぎ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年09月04日

SHSH(シュシュ)の紹介記事

今朝取り組んだ、豆腐カレーが到達した「頂」についてひとしきり語りたいところですが、非難の声が聞こえてくる前に、やめておきます。

先日、建設通信新聞(だったと思うんですけど・・・)に、ある記事が掲載されていたので、皆さんにお知らせいたします。
SHSH-ksinbun.jpg
(貼り付けなおしました!)
(手島)
posted by JIAみやぎ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

2010年09月03日

弱気な娘たち

ああ、凝り性といわれる私は、”けふも早よから”、豆腐カレーつくりにいそしんでしまいました……。

今朝は、ナスとオクラとピーマン入りです。
2010-09-03-d-tesh.jpg
プレーンな方がよかったかなぁ……。噛み潰した時の豆腐の『空白感』が弱まってしまいました。

そうこうしていると、いつも勝気な長女が、夏疲れの所為か、ふにゃりとしています。熱があるようなので、学校は休ませました。
2010-09-03-a-tesh.jpg

長女の弱気写真を掲載したついでに、次女のもUPしときます。
2010-09-03-b-tesh.jpg

2010-09-03-c-tesh.jpg
しかし、ネタぎれだなぁ……。
更新が滞っているので「☆野さん」に電話をしてみたところ、「微妙に忙しい!」とのこと。そうだよなぁ……。
……こんな時に娘の写真でお茶を濁すなんて、筋金入りの親ばかだなぁ、と改めて思う次第であります。
手島
posted by JIAみやぎ at 18:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記!のようなもの…

2010年09月02日

建築イベントのお知らせ

第17回「家づくりcafe」開催
JIA宮城の中核をなす方々による、家づくりイベントが開催されます。
主催は「SAU+(エスエーユープラス)」です。
iedukuri-cafe.jpg
第17回「家づくりcafe」が下記の内容で開催されます。

開催日  9月11日(土)〜12日(日)
開催場所 TOTO仙台ショールーム
開催時間 11:00〜17:00
内容   建築家による無料相談会、セミナー、物件事例展示
会費   無料

詳細が決まりましたらホームページで報告いたします。
http://www.sau.co.jp/~dada/

「家づくりcafe」とは見る、学ぶ、出会うをキャッチフレーズにお客様主体の家づくりを具現化するために定期的に開催している、お客様と建築家の出会いの場です。
2009年度には「家づくりcafe」の活動が評価され、グットデザイン賞も受賞しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「SAU+」は、年に数回のイベント「家づくりカフェ」のほか、毎年一月に大規模な展覧会も開催しています。

しかし、このようなイベントを発足させ持続してゆく、行動力と持続力、チーム力には脱帽いたします。
家づくりに興味のある皆さん、どうぞ奮ってご参加ください!!
(T島)
posted by JIAみやぎ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろの告知

豆腐カレー

いや、いや、どうにも暑いので、くだらない話をひとつ。

最近、我が家では「豆腐カレー」なるものがブームです。
2010-09-02-a-tesh.jpg
深めのフライパンに、にんにくとしょうがをサラダ油でいため、次いで、たまねぎ、にんじん、ジャガイモの順番で投入します。炒め終わったら、水をいれて20分くらい煮る。火が通ったら「バーモントカレー甘口」と賽の目に切った豆腐一丁をぶち込み、また10分くらい煮ます。肉なんか使いません。

あま〜いカレーと、にんにくとしょうがの香り、豆腐の食感と、それを噛み潰した時にふわりと口に広がる豆腐の香りの「空白感」がたまりません・・・・・・!
今日も朝早くに起き出して、汗まみれになりながら、せっせと作ってしまいました。

ちなみに、よこのサラダは、うちの次女「とこしゃん」が昨夜作ったものです。2010-09-02-b tesh.JPG
この娘の料理ッたら、味見の回数がやたらと多いんです……。

手島
posted by JIAみやぎ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記!のようなもの…

2010年09月01日

仙台七夕『仕掛け物』 その後

IMG_6849.jpg
千秋楽後の出演者との記念写真

七夕も終わったのに、彼らは事務所に居続けております。

IMG_6999.jpg

IMG_6998.jpg

IMG_7003.jpg

近所の保育園児たちが、「イースターだー!」と騒いでいるので、
10月いっぱいはいるのかなー
所長が「天井下がり」が苦手というので、髪を梳いて「ゲゲゲの女房」のフミエさんのように髪を纏めたのですが、不気味さが残るらしく、近々意匠屋へ嫁に行くかもしれません。
七夕期間中のDVDもありますので、お暇の折には御来所ください。

IMG_6994.jpg

横山芳一

posted by JIAみやぎ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記!のようなもの…